[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥を「神話の存在」と評する米メディア ネリの挑発に反応「彼は感銘受けてない」

ボクシングのWBC世界スーパーバンタム級挑戦者決定戦で同級3位アザト・ホバニシャン(アルメニア)に11回TKO勝ちを収めた同級2位の元世界2階級制覇王者ルイス・ネリ(メキシコ)。スティーブン・フルトン(米国)の保持するWBC王座挑戦権を獲得し、スーパーバンタム級に転向する井上尚弥(大橋)に対しても挑発しているが、米メディア「ボクシングシーン.com」は「ネリは(井上に)そこまで感銘を受けていない」と豪語するネリに記事で反応している。

WBC世界スーパーバンタム級挑戦者決定戦でTKO勝ちしたルイス・ネリ(左)【写真:Getty Images】
WBC世界スーパーバンタム級挑戦者決定戦でTKO勝ちしたルイス・ネリ(左)【写真:Getty Images】

米メディア「ボクシングシーン.com」が報道

 ボクシングのWBC世界スーパーバンタム級挑戦者決定戦で同級3位アザト・ホバニシャン(アルメニア)に11回TKO勝ちを収めた同級2位の元世界2階級制覇王者ルイス・ネリ(メキシコ)。スティーブン・フルトン(米国)の保持するWBC王座挑戦権を獲得し、スーパーバンタム級に転向する井上尚弥(大橋)に対しても挑発しているが、米メディア「ボクシングシーン.com」は「ネリは(井上に)そこまで感銘を受けていない」と豪語するネリに記事で反応している。


【注目】“くいこみ”問題やズレ、ムレ、モレの悩みを軽減! 大学生アスリート6人がCW-X「スポーツ専用ショーツ」を試してみました(W-ANS ACADEMYへ)

 バンタム級で4団体統一の偉業を達成し、スーパーバンタム級転向を決めた井上の偉大さを、記事ではまず高く評価している。「ナオヤ・イノウエはほぼ神話の存在になった。彼のバイオレントなパンチ力といえば、唯一無二と表現できる。対戦相手を支配しながらも、苦もなく昇級する能力といえば、稀有だ。スキル全般が称賛される一方、相手の意識を奪う特徴が彼にモンスターという異名を授けた」と大絶賛している。

 そんな井上に、ネリは挑発。記事では最近豪語した「ヤツ(井上)はモンスターじゃない。小さなモンスターだ。オレが122(スーパーバンタム級)の本物のモンスターだ!」とのコメントを紹介している。

 同メディアは「惑星最強のパウンド・フォー・パウンドの1人と位置付けられているが、ルイス・ネリは(井上に)そこまで感銘を受けていない。彼の考えによれば、日本人は過大評価であるだけでなく、慎重に分析した上で、イノウエのニックネームは自分にこそ似合っているとネリは結論付けた」とネリの言葉に注目していた。

 計量失敗やドーピング違反など散々問題を起こしてきた悪童だが、ホバニシャン戦後にも井上を挑発。「オレがヤツの仮面を剥いでやる」とも意気込んでいたという。スーパーバンタム級初戦でフルトンとの対戦が報じられているモンスターと拳を交える日は訪れるのだろうか。





W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集