[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥、計量オーバーいじりに苦笑 MVP副賞の和牛が53.52kg+30g「ネタにされた」

ボクシングの2022年度年間表彰式が22日、都内で行われ、前世界バンタム4団体級統一王者・井上尚弥(大橋)が5年連続6度目の最優秀選手賞に輝いた。6度目の受賞は歴代単独最多となり、KO賞とともに2冠に。JA全農いしかわから副賞として「53.52キロ+30グラム」の能登牛を贈られ、「ネタにされた」と昨年12月の30グラムオーバーをいじられて苦笑いした。

ボクシング年間表彰式で「53.52キロ+30グラム」の能登牛を贈られた井上尚弥【写真:高橋学】
ボクシング年間表彰式で「53.52キロ+30グラム」の能登牛を贈られた井上尚弥【写真:高橋学】

ボクシング年間表彰式

 ボクシングの2022年度年間表彰式が22日、都内で行われ、前世界バンタム4団体級統一王者・井上尚弥(大橋)が5年連続6度目の最優秀選手賞に輝いた。6度目の受賞は歴代単独最多となり、KO賞とともに2冠に。JA全農いしかわから副賞として「53.52キロ+30グラム」の能登牛を贈られ、「ネタにされた」と昨年12月の30グラムオーバーをいじられて苦笑いした。

【PR】アベマで日本史上初UEFA EURO 2024全51試合無料生中継! 速報ダイジェストや見逃しフルマッチも無料!

 異例の副賞がついた。井上は白井義男氏、具志堅用高氏のレジェンドたちを超える史上最多6度目のMVPを受賞。ステージで記念の盾などを贈られると、発表された副賞は「能登牛 53.52キロ+30グラム」だった。昨年12月のポール・バトラー(英国)戦の前日計量でリミット53.52キロをわずか30グラム超過。3分後の再計量でクリアしたが、2か月後にジョークが待っていた。

 取材に応じた井上は、「どの副賞も嬉しいです。30グラムオーバーはネタにされたなと(笑)。今では笑い話なので、嬉しいです」とコメント。大の肉好きで知られるが、「かなり嬉しい。でも最近、体の数値が……(笑)。ちゃんといただいて食べます。野菜も送ってほしいですが」と報道陣の笑いを誘った。

 30グラムオーバーした際の体重計は日本で通常使われる天秤式の計量台ではなく、デジタルの体重計。相手陣営が計量1時間前に突然要望を出し、それに応えた形だった。

 能登牛はステーキ用、焼肉用、すき焼き用などに別れ、毎週送ってもらえるという。さらにモランボンの食事券30万円分、本店個室の食事サービスのほか、JCBギフトカード20万円分、ドトールコーヒー1年分、草加せんべい1年分なども副賞として贈られた。

 白井氏、具志堅氏を超える単独最多の受賞には「(更新は)40年ぶりくらいですよね。凄い記録を超えることができた。それだけ数字が物語っていると思います。嬉しいし、負けられない」と喜び。次戦の正式発表はされていないが、WBC&WBO世界スーパーバンタム級王者スティーブン・フルトン(米国)への世界挑戦の見通しとなっている。

(THE ANSWER編集部)





W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集