[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

カリー級と評される日本人・富永啓生、心掴んだ米ファンから称賛「感謝するのは私達」

米大学バスケットボール、NCAA(全米大学体育協会)ディビジョン1・ネブラスカ大の富永啓生は19日(日本時間20日)、メリーランド大との試合で20得点、4リバウンド、1スティールを記録。5戦連続の20得点超えとなり、OTに突入する熱戦を70-66で制したチームに貢献した。試合後、感謝を投稿した富永のSNSには「いいや、感謝するのは私たちのほうだ」「私たちにはもったいないぐらい」「私のヒーロー」などと称賛の声が相次いでいる。

米バスケ、ネブラスカ大に所属する富永啓生【写真:Getty Images】
米バスケ、ネブラスカ大に所属する富永啓生【写真:Getty Images】

5試合連続20得点、97-98シーズンのルー以来

 米大学バスケットボール、NCAA(全米大学体育協会)ディビジョン1・ネブラスカ大の富永啓生は19日(日本時間20日)、メリーランド大との試合で20得点、4リバウンド、1スティールを記録。5戦連続の20得点超えとなり、OTに突入する熱戦を70-66で制したチームに貢献した。試合後、感謝を投稿した富永のSNSには「いいや、感謝するのは私たちのほうだ」「私たちにはもったいないぐらい」「私のヒーロー」などと称賛の声が相次いでいる。


【注目】女性アスリートに必要な「栄養と食事」とは? バドミントン松友美佐紀選手と考える、姉妹サイトW-ANS ACADEMY主催の無料イベントを6月16日に開催 詳細はこちら

“日本のカリー”と現地で評される富永。米ファンの心もガッチリ掴んでいる。この日で5試合連続の20得点超え。カレッジスポーツ専門メディア「On3」のロビン・ワシャット記者によると、ネブラスカ大の選手が5試合連続で20得点を記録するのは、現在米プロバスケットボール(NBA)・クリッパーズでヘッドコーチを務めるタロン・ルーが1997~1998年シーズンに達成して以来だという。

 富永は試合後、ツイッターで「Thank you Huskers nation」と投稿。同大バスケチームの愛称である「ハスカーズ」のファンに感謝した。これに米ファンからは「いいや、感謝するのは私たちのほうだ」「私たちにはもったいないぐらいです」「私のヒーロー」「今までで最も見ていて楽しい選手だ」「市民賞を受けるに値する」「ネブラスカはケイセイのことを愛している」などと熱いコメントが殺到していた。

 富永は身長188センチ。桜丘高(愛知)卒業後にNJCAA(全米短期大学体育協会)のレンジャー・カレッジに進学し、2021-22シーズンからネブラスカ大へ編入。同年の東京五輪には3人制バスケットボール日本代表として出場した。

 今季は5日(同6日)のペンシルベニア州立大戦でキャリア最高となる30得点と爆発すると、その後も24、22、22と1試合20点超えを続けていた。“日本のカリー”と現地メディアに紹介され、NBAウォリアーズのステフィン・カリー本人もツイッターで「最高だぞ、ケイセイ!」と称えるなど話題に。連日の活躍で地元ファンにも称えられている。

(THE ANSWER編集部)


W-ANS


W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集