[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

5戦118得点の“日本のカリー” 富永啓生に米識者が声揃え評価「彼は見ていて楽しい」

米大学バスケットボール、NCAA(全米大学体育協会)ディビジョン1・ネブラスカ大の富永啓生は19日(日本時間20日)、メリーランド大との試合で20得点、4リバウンド、1スティールを記録。5戦連続の20得点超えとなり、OTに突入する熱戦を70-66で制したチームに貢献した。「ナショナルプレイヤー・オブ・ザ・イヤー」「ケイセイ・トミナガは見ていて楽しい」などと複数の米メディア関係者からも称賛の声が上がっている。

米バスケ、ネブラスカ大に所属する富永啓生【写真:Getty Images】
米バスケ、ネブラスカ大に所属する富永啓生【写真:Getty Images】

メリーランド大相手に20得点

 米大学バスケットボール、NCAA(全米大学体育協会)ディビジョン1・ネブラスカ大の富永啓生は19日(日本時間20日)、メリーランド大との試合で20得点、4リバウンド、1スティールを記録。5戦連続の20得点超えとなり、OTに突入する熱戦を70-66で制したチームに貢献した。「ナショナルプレイヤー・オブ・ザ・イヤー」「ケイセイ・トミナガは見ていて楽しい」などと複数の米メディア関係者からも称賛の声が上がっている。

【PR】アベマで日本史上初UEFA EURO 2024全51試合無料生中継! 速報ダイジェストや見逃しフルマッチも無料!

“日本のカリー”と現地で評される富永は、この日も得点を「20」に乗せた。前半残り14分52秒で得意の3ポイントシュートに成功。4点を追う後半、残り1分24秒で得たフリースローを2本とも決めると、1分6秒の場面でもフリースロー2本に成功。OTではいきなり3ポイントシュートを決めた。チーム2位の20得点をマーク。勝利に貢献した。

 ツイッター上ではプレー映像を「NCAAマーチ・マッドネス」公式アカウントが公開していたが、複数の米メディア関係者からも称えられている。米メディア「スポーツグリッド」のベン・スティーブンス記者ツイッターは「ナショナルプレイヤー・オブ・ザ・イヤー。レッツ・ゴー!」と富永を称え、「見ていてとても楽しい」とも投稿した。

 さらにWBSCポッドキャスト「The Global Game」の司会などを務めるタイラー・マウン氏が「ケイセイ・トミナガは本当に楽しいプレーヤーだ」と記したが、米スポーツベッティング専門局「VSiN」の番組でサブ司会を務めるウェス・レイノルズ氏も「ケイセイ・トミナガは見ていて楽しい」と声をそろえた。

 富永は身長188センチ。同年の東京五輪には3人制バスケットボール日本代表として出場した。今季は5日(同6日)のペンシルベニア州立大戦でキャリア最高となる30得点と爆発すると、その後も24、22、22と4戦連続で20得点超え。“日本のカリー”と現地メディアに紹介され、NBAウォリアーズのステフィン・カリー本人もツイッターで「最高だぞ、ケイセイ!」と称えるなど話題に。これで直近5試合で118得点となった。

(THE ANSWER編集部)





W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集