[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

米バスケで躍動する“日本のカリー” 富永啓生に現地メディア脚光「ショーを披露した」

米大学バスケットボール、NCAA(全米大学体育協会)ディビジョン1・ネブラスカ大の富永啓生は14日(日本時間15日)、敵地ラトガース大戦に先発し22得点。82-72の勝利に貢献した。4試合連続20得点超えの活躍ぶりに米メディアは「トミナガがショーを披露した」と注目。ネブラスカ大が富永の画像を公開すると、米ファンを「彼は本物だ」「情熱と喜びに溢れてる」と熱狂させている。

ネブラスカ大に所属する富永啓生【写真:Getty Images】
ネブラスカ大に所属する富永啓生【写真:Getty Images】

米大学バスケのネブラスカ大で4試合連続20得点

 米大学バスケットボール、NCAA(全米大学体育協会)ディビジョン1・ネブラスカ大の富永啓生は14日(日本時間15日)、敵地ラトガース大戦に先発し22得点。82-72の勝利に貢献した。4試合連続20得点超えの活躍ぶりに米メディアは「トミナガがショーを披露した」と注目。ネブラスカ大が富永の画像を公開すると、米ファンを「彼は本物だ」「情熱と喜びに溢れてる」と熱狂させている。


【注目】女性アスリートに必要な「栄養と食事」とは? バドミントン松友美佐紀選手と考える、姉妹サイトW-ANS ACADEMY主催の無料イベントを6月16日に開催 詳細はこちら

 富永はこの試合、25-25の前半残り6分31秒にレイアップで得点。同4分21秒には3ポイントシュートを沈めた。後半に入ると、ゴール下でフェイントから得点し、ファウルを誘ってバスケットカウントも獲得。相手ファンで埋め尽くされた会場にブーイングが響く中、3ポイントシュートを3本成功させ、客席を黙らせた。

 米スポーツ専門局「FOXスポーツ」は「ケイセイ・トミナガがショーを披露 ネブラスカの82-72のラトガーズ戦勝利で22得点」と脚光を浴びせ、富永のハイライト動画を公開した。ネブラスカ大は公式ツイッターとインスタグラムに雄たけびを上げる富永の画像を公開。現地ファンからは「彼は本物だ」「彼のプレーが大好き。情熱と喜びに溢れてる」「日本のステフィン・カリーだ」と反響が寄せられている。

 22歳の富永は2021年にNJCAA(全米短期大学体育協会)1部のレンジャー・カレッジからネブラスカ大に編入。同年の東京五輪には3人制バスケットボール日本代表として出場した。3年生の今季は得意の3ポイントシュートを40.6%の確率で成功。米放送局「ビッグ10ネットワーク」のネブラスカ大専門ツイッターが「日本のステフィン・カリーはここ4試合で98得点を挙げている」と投稿するなど、注目を集めている。

(THE ANSWER編集部)

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集