[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平の元同僚、再び二刀流に挑戦へ ローレンゼン「エ軍は打たせてくれなかった」

米大リーグ・エンゼルスからタイガースに移籍したマイケル・ローレンゼン投手が、再び二刀流への意欲を示した。大谷翔平投手の元同僚は、エンゼルスでは投手に専念。新天地では打者にも挑戦するため「スイングを改善した」などと告白している。米地元紙が報じている。

エンゼルスからタイガースに移籍したマイケル・ローレンゼン【写真:Getty Images】
エンゼルスからタイガースに移籍したマイケル・ローレンゼン【写真:Getty Images】

タイガースに移籍したローレンゼン

 米大リーグ・エンゼルスからタイガースに移籍したマイケル・ローレンゼン投手が、再び二刀流への意欲を示した。大谷翔平投手の元同僚は、エンゼルスでは投手に専念。新天地では打者にも挑戦するため「スイングを改善した」などと告白している。米地元紙が報じている。

【PR】アベマで日本史上初UEFA EURO 2024全51試合無料生中継! 速報ダイジェストや見逃しフルマッチも無料!

 ローレンゼンは2019年には73試合に登板したが、外野手としてもプレーし53打席で1本塁打を放っている。18年には34打席で4本塁打を放つなど打率.290をマーク。19年9月4日のフィリーズ戦では、リリーフ登板後に中堅を守っただけでなく、本塁打も放って「勝利投手&本塁打&外野手でプレー」の珍記録を達成したことでも知られる。

 2021年オフにレッズからFAとなり、エンゼルスに加入。大谷と同僚となることでも話題になったが、エンゼルスでは投手に専念する形となり、打者としての出場はなかった。今季はタイガースと契約したが、エンゼルスでの日々に思うところがあったようだ。

 米ミシガン州地元メディア「Mライブ」は「タイガースの新加入投手マイケル・ローレンゼンは打てることを知っている それを証明する機会を求めている」との見出しでローレンゼンの談話を紹介。二刀流への再挑戦について触れている。

 記事内でローレンゼンは「エンゼルスは昨年、自分に打たせてくれなかった。挑戦し続けたけど、彼らはやらせてくれなかったんだ。だからここでも挑戦し続けるよ。違った返事がもらえるか見てみよう」と心境を吐露。「野球に夢中なんだ。人生を通して中堅だった。メジャーでも中堅になるはずだった。自分にとっては、メジャーで投手を務めているのが奇妙なんだ」と野手としての思いを語っている。

 打席に立つことを求め「(この冬)スイングを改善したんだ。バットの軌道をね。かなり良い感じだよ」とすでに調整を進めているという。「チャンスがあれば打者としても成功できると思う」と手応えもつかんでいる。

(THE ANSWER編集部)





W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集