[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

日本生まれのNBA選手、史上最年少の快挙達成 横須賀出身トーマスが3戦連続40得点

米プロバスケットボール(NBA)・ネッツに所属するキャム・トーマスが7日(日本時間8日)のサンズ戦で、NBA史上最年少の快挙を達成した。3戦連続で40得点以上をマーク。神奈川・横須賀で生まれた21歳が112-116と敗れた試合でも輝きを放った。

サンズ戦に出場したネッツのキャメロン・トーマス【写真:ロイター】
サンズ戦に出場したネッツのキャメロン・トーマス【写真:ロイター】

サンズ戦で大記録

 米プロバスケットボール(NBA)・ネッツに所属するキャメロン・トーマスが7日(日本時間8日)のサンズ戦で、NBA史上最年少の快挙を達成した。3戦連続で40得点以上をマーク。神奈川・横須賀で生まれた21歳がこの日は43得点をマークし、112-116と敗れた試合でも輝きを放った。


【注目】“くいこみ”問題やズレ、ムレ、モレの悩みを軽減! 大学生アスリート6人がCW-X「スポーツ専用ショーツ」を試してみました(W-ANS ACADEMYへ)

 トーマスはこの試合で39分13秒の出場。フィールドゴールは23本中11本、フリースローでは20本中18本を決め、1997年のアレン・アイバーソンの記録を破った。4日のウィザーズ戦で44得点、6日のクリッパーズ戦で47得点をマークしている。

 米地元紙「ニューヨーク・デイリーニュース」のNBA記者クリスティアン・ウィンフィールド氏は、ツイッターで快挙達成を速報。また米放送局「バリー・スポーツ」公式ツイッターも「キャム・トーマスがまたやった。今夜の43得点で、トーマスはアレン・アイバーソンの1997年の記録を抜き、3試合連続で40得点以上を記録したNBA史上最年少の選手となった」と伝えた。

 横須賀出身のトーマスは、2021年のドラフト全体27位でネッツに入団。チームはカイリー・アービングが6日にマーベリックスに電撃移籍。ケビン・デュラントも故障で欠き、渡邊雄太もこの試合は欠場。苦しい状況にあるが、トーマスが引っ張っている。

(THE ANSWER編集部)

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集