[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

西武、育成出身の20歳&19歳が猛アピール 長谷川「今の実力では…」滝澤「昨季は考えすぎた」

西武のB班は7日、高知キャンプ2日目を迎えた。グラウンドコンディション不良のため屋内運動場でのスタートとなったが、精力的に動いたのは昨季に育成契約から支配下登録を勝ち取った長谷川信哉内野手と滝澤夏央内野手。キャッチボールとペッパー(トスバッティング)、ノックも同じ組でこなしていた。

ノックを受ける西武・長谷川(左)と滝澤【写真:球団提供】
ノックを受ける西武・長谷川(左)と滝澤【写真:球団提供】

ともに昨季支配下登録を勝ち取った

 西武のB班は7日、高知キャンプ2日目を迎えた。グラウンドコンディション不良のため屋内運動場でのスタートとなったが、精力的に動いたのは昨季に育成契約から支配下登録を勝ち取った長谷川信哉内野手と滝澤夏央内野手。キャッチボールとペッパー(トスバッティング)、ノックも同じ組でこなしていた。

【PR】アベマで日本史上初UEFA EURO 2024全51試合無料生中継! 速報ダイジェストや見逃しフルマッチも無料!

 屋内運動場に鋭い打球音が鳴り響びかせた長谷川。一球一球、打球の行方を確認しながら打撃練習に励んだ。一方の滝澤は60メートルの距離を12秒以内に走るランニングメニュー10本を常にトップで走りきり、今年のチームスローガンである走魂(そうこん)を体現化。開幕1軍入りに向けアピールしていた。

 20歳の長谷川は「今の実力では(1軍は)難しいと一番に思いました。自主トレでは狙って逆方向に打つ練習に取り組み、形になりつつあるので、キャンプで更に精度を上げて1軍の投手相手にどこまで通用するか試したいです」と球団を通じてコメントした。

 19歳の滝澤は「昨シーズンは最初は良かったんですが試合に出るにつれ、考え過ぎてしまいました。今シーズは自分本来の思い切りの良さを出してレギュラーを獲るのが目標です。このキャンプではたくさん練習して走、攻、守すべてレベルアップしたいです」と意気込んでいた。

(THE ANSWER編集部)





W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集