[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

西武、開幕3連戦で「白獅子ユニホーム」モチーフのグッズを配布 源田「観戦にぴったり」

プロ野球・西武は、2023シーズンの開幕を迎える3月31日から4月2日の3日間にベルーナドームで開催するオリックス戦を開幕シリーズと題し、2023シーズンより監督や選手たちが着用する新ホームユニホーム「白獅子ユニホーム」をモチーフとした3種類のグッズを各日1種類ずつ、来場者に配布すると発表した。

西武は開幕3連戦を「開幕シリーズ」と題し、3種類のグッズを各日1種類ずつ配布【写真:球団提供】
西武は開幕3連戦を「開幕シリーズ」と題し、3種類のグッズを各日1種類ずつ配布【写真:球団提供】

3月31日から3日間を「開幕シリーズ」と題する

 プロ野球・西武は、2023シーズンの開幕を迎える3月31日から4月2日の3日間にベルーナドームで開催するオリックス戦を開幕シリーズと題し、2023シーズンより監督や選手たちが着用する新ホームユニホーム「白獅子ユニホーム」をモチーフとした3種類のグッズを各日1種類ずつ、来場者に配布すると発表した。


【注目】女性アスリートに必要な「栄養と食事」とは? バドミントン松友美佐紀選手と考える、姉妹サイトW-ANS ACADEMY主催の無料イベントを6月16日に開催 詳細はこちら

 開幕戦の3月31日には、「白獅子フリースジャケット」を配布。白獅子ユニホームと同様に左腕部分にレオマークがついており、チャックには紺色のレジェンドブルー、袖部分には水色のライオンズブルーをあしらった。まるで毛布のような温かい着心地となっている。

 4月1日に配布するのは、ユニホームの形をした「白獅子ユニホーム型ブランケット」で、松井稼頭央監督、高橋光成投手、山川穂高内野手、外崎修汰内野手、源田壮亮内野手の5種類からランダムに配布する。源田のブランケットの表側にはキャプテンマークのCがついている。

 4月2日には、「白獅子パーカー」を配布。前面には大きなレオマークが、背面には松井監督の背番号77番をプリントしている。白を基調とした配色で、普段使いもできるデザインに仕上げた。

 いずれのグッズも、肌寒さが残る3月や4月の観戦にはピッタリ。なお、開幕シリーズを含む3月31日~4月30日の観戦チケットは、2月17日のファンクラブ先々行抽選から販売を開始する。

▼松井稼頭央監督コメント
「配布される『白獅子パーカー』の背番号がすべて77番と聞いて、開幕3連勝を目指して戦っていきますが、特に『白獅子パーカー』が配布される3連戦の3日目は負けられませんね。勝利して、ファンの皆さまに喜んでいただけるよう、チーム一丸となって戦います!ぜひ開幕シリーズにお越しいただき、グッズをすべて手に入れてください!」

▼源田壮亮選手コメント
「『白獅子フリースジャケット』は、とても暖かい素材で、ホームユニホームと同じ左腕のレオマークがついていたり、チャックにはレジェンドブルーカラーが施されていたりして、観戦時にぴったりだなと思います。開幕戦はぜひこれをファンの皆さまに着ていただいて、ベルーナドームを白で埋め尽くしてほしいです!」

▼外崎修汰選手コメント
「野球観戦のときはもちろん、家や他の場所でも使えそうで良いですね!まだ少し寒さが残っているかもしれないので、観戦する際はぜひ『白獅子ユニホーム型ブランケット』で暖まってください。5種類あるので、ぜひ僕のブランケットをもらった方は、試合中に掲げてもらえるとうれしいです!」

(THE ANSWER編集部)


W-ANS


W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集