[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

車いすテニス国枝慎吾が引退会見 選手生活に別れ「もう十分やりきった」「最高のテニス人生」

車いすテニスの国枝慎吾さんが7日、都内にある所属先のユニクロ有明本部で現役引退会見を行った。4大大会では男子世界歴代最多50度の優勝を誇り、4大大会とパラリンピックで優勝する「生涯ゴールデンスラム」を達成した38歳。先月22日に世界ランク1位のままSNSで引退を報告した世界的レジェンドが、約27年の競技人生を振り返った。

都内で引退会見を行った国枝慎吾さん【写真:中戸川知世】
都内で引退会見を行った国枝慎吾さん【写真:中戸川知世】

都内で引退会見

 車いすテニスの国枝慎吾さんが7日、都内にある所属先のユニクロ有明本部で現役引退会見を行った。4大大会では男子世界歴代最多50度の優勝を誇り、4大大会とパラリンピックで優勝する「生涯ゴールデンスラム」を達成した38歳。先月22日に世界ランク1位のままSNSで引退を報告した世界的レジェンドが、約27年の競技人生を振り返った。


【注目】女性アスリートに必要な「栄養と食事」とは? バドミントン松友美佐紀選手と考える、姉妹サイトW-ANS ACADEMY主催の無料イベントを6月16日に開催 詳細はこちら

 国枝さんの表情は、晴れやかだった。会見には約200人の報道陣らが集結。20台以上のテレビカメラが主役を捉え、ネットなどでも生中継された。会見冒頭では、輝かしい経歴を振り返るVTRを上映。ユニクロの柳井正会長兼社長とスーツ姿で登壇した国枝さんは、想いを語った。

「多くの方に集まっていただきありがとうございました。1月22日付で引退となりました。東京パラリンピックが終わってずっと引退について考えていました。グランドスラムのうち3つを獲得してきて、昨年は最後に残されたウィンブルドンで優勝。その時にチームと抱き合って一番最初に出た言葉が『これで引退だな』と。それが最初に出た言葉。その後に全米オープンが終わってからも、『もう十分やりきったな』とふとした瞬間に出てきました。そのままやってもいいのかなとなって、これはそういうタイミングなのだなと決意しました」

 引退を決めた経緯を説明。家族やスポンサー、ファンに感謝を述べ、「応援してもらっているファンの皆さんには最高のテニス人生させてもらったなと。そう言い切って締めの挨拶にさせていただきたいと思います」と挨拶し、大きな拍手が注がれた。

 今後の活動について、「今、引退したばかり。柳井社長にもビジネスをやろうと言われていたけど、現役中に考えても本当に答えがない。お風呂に入っている時に20分くらい考えてみるんですけど、本当に答えがない」と説明。「なんとなく、何をしていきたいかぼんやりしているけど、今言うとやらなきゃいけなくなるので秘めておきたい」と話し、こう続けた。

「現役時代、何と戦ってきたのか。相手、自分、車いすテニスを社会的に認めさせたいということ。スポーツとしていかに見せるかに関わってきた。テニスは国際スポーツ連盟でも垣根のないスポーツ。テニスをしている中で、それをみんなに知ってもらいたいと強くあった。その活動は続いていくのかなと思います」

 国枝さんは9歳の時に脊髄腫瘍を発症し、下半身麻痺に。小学6年で車いすテニスに出会った。4大大会は男子シングルス通算28度、ダブルスは22度優勝。シングルスでは全豪11回、全仏6回、ウィンブルドン1回、全米7回の優勝を誇る。

 パラリンピックは2004年アテネから、日本選手団の主将を務めた21年東京まで5大会連続出場。シングルスでは08年北京、12年ロンドン、東京で金メダルを獲得した。アテネではダブルスでも優勝。昨年7月のウィンブルドンを初めて制し、パラリンピックの金メダルと合わせた「生涯ゴールデンスラム」を男子で初めて達成した。

 引退を発表後、岸田文雄首相が国民栄誉賞の授与を検討する考えを示した。国民栄誉賞は過去に27例あり、国枝さんが受賞すればスポーツ界では2018年7月のフィギュアスケート・羽生結弦以来13例目。パラスポーツ界で初となる。

(THE ANSWER編集部)


W-ANS


W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集