[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

欧州サッカーでルール逆手の“頭脳プレー” GK咄嗟の判断に海外賛否「汚いトリック」

海外サッカーで咄嗟の判断が賛否両論となっている。スローインしようとする選手を横目に、相手GKが別のボールを投げ入れて“妨害”。邪魔された選手は怒ってGKにボールを投げつけた。危機的状況を防ぐための行動だったようだが、一連の流れが動画で公開されると「賢い動き」「IQレベル:1000」「このプレーは大嫌い。フェアじゃない」「汚いトリック」などと海外ファンから様々なコメントが書き込まれている。

フェイエノールトのGKジュスティン・バイロー【写真:Getty Images】
フェイエノールトのGKジュスティン・バイロー【写真:Getty Images】

海外サッカーで起こった珍プレーに注目「4Dチェス」

 海外サッカーで咄嗟の判断が賛否両論となっている。スローインしようとする選手を横目に、相手GKが別のボールを投げ入れて“妨害”。邪魔された選手は怒ってGKにボールを投げつけた。危機的状況を防ぐための行動だったようだが、一連の流れが動画で公開されると「賢い動き」「IQレベル:1000」「このプレーは大嫌い。フェアじゃない」「汚いトリック」などと海外ファンから様々なコメントが書き込まれている。


【注目】女性アスリートに必要な「栄養と食事」とは? バドミントン松友美佐紀選手と考える、姉妹サイトW-ANS ACADEMY主催の無料イベントを6月16日に開催 詳細はこちら

 29日に行われたオランダ1部エールディビジ、トウェンテ―フェイエノールト戦。前半38分頃、トウェンテのMFヴィルヒル・ミシジャンが左タッチライン際を駆け上がった。ここでフェイエノールトのGKジュスティン・バイローは大きく飛び出し、スライディングでクリア。ボールはタッチラインを割ったが、ゴール前はがら空きとなった。

 当然、ミシジャンはチャンスと見て、急ぎ試合を再開させようとボールボーイにボールを要求。ピンチのGKバイローがここで咄嗟に“妨害”を図った。自分がクリアしたボールを即座に手にし、ピッチ上に投げ入れて試合の再開を遅らせたのだ。

 ピッチ上には、ボールは1つしか存在してはいけないというルールを逆手にとった行動。怒ったミシジャンはボールをバイローに向かって投げつけた。バイローはこの行為でイエローカードを受けたが、失点を防ぐことに成功した。

 英紙「ザ・サン」は「フェイエノールトのGKが汚いトリックでゴールを防ぐところをご覧あれ」と題した記事を掲載。米スポーツ専門局「ESPN」のサッカー専門アカウントもインスタグラムで「このGKは4Dチェスをプレーしている」「IQレベル:1000」と添えて動画を投稿した。

 海外ファンからは「GKは天才! フェアプレーかどうかはさておき、賢い!」「これはPKになるべき」「レッドだ」「頭がいいGK」「こんな醜いプレーを称えるのは止めろ!」などと賛否様々な声が寄せられた。試合は1-1の引き分けに終わっている。

(THE ANSWER編集部)

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集