[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

八村塁出場試合、レフェリーが勝敗を左右する「誤審」認める 「審判団はミス犯した」

米プロバスケットボール(NBA)は28日(日本時間29日)、レイカーズが敵地でセルティックスと対戦。121-125で敗れた。この試合、第4クォーターで決勝レイアップを狙ったレブロン・ジェームズが、相手に手を叩かれて得点ならず。ファウルの判定はなく、怒りの仕草を見せた。勝敗を左右したこのシーンについて、試合後にレフェリーが「ミスを犯した」と誤審を認めた。米記者が報じている。

セルティックス戦に出場したレイカーズの八村塁【写真:Getty Images】
セルティックス戦に出場したレイカーズの八村塁【写真:Getty Images】

セルティックス戦、レブロンの決勝レイアップが…

 米プロバスケットボール(NBA)は28日(日本時間29日)、レイカーズが敵地でセルティックスと対戦。121-125で敗れた。この試合、第4クォーターで決勝レイアップを狙ったレブロン・ジェームズが、相手に手を叩かれて得点ならず。ファウルの判定はなく、怒りの仕草を見せた。勝敗を左右したこのシーンについて、試合後にレフェリーが「ミスを犯した」と誤審を認めた。米記者が報じている。


【注目】女子アスリートの課題を1日で学ぶオンラインイベント開催! 豪華メンバー登壇、男性指導者も歓迎…どなたでも無料で参加できるウェビナーの詳細はこちらから

 問題のシーンは同点で迎えた第4Q最終盤、残り3秒からレブロンが試合を決めるレイアップを狙った場面だ。相手のテイタムがレブロンの左手を叩き、ボールはこぼれて得点ならず。明らかなファウルに見えたが、笛は吹かれず試合はオーバータイム突入となった。アピールしていたレブロンは当然納得いかず、怒りの表情を見せた。

 米スポーツ専門局「ESPN」の番組「スポーツセンター」公式ツイッターが決定的瞬間の映像を公開し、米ファンからも「明らかにファウル」「ばかげている」などと批判が集まっていたが、主審が試合後に誤審を認めたようだ。同局のNBA記者、デイブ・マクメナミン氏は、ツイッターで記者とのやり取りを報じている。

 主審を務めた主審エリック・ルイス氏は、代表取材でボストン・グローブ紙のアダム・ヒメルスバック記者から「レブロンの終盤のプレーで接触があったと見えたのですが、なぜノーファウルだったんですか? あなたは見えていましたか?」と問われ、「接触はあった。あのとき私たちはファウルを見えていなかった。審判団はミスを犯した」と語ったという。

 セルティックスが接戦を制したが、判定次第では勝敗が逆になっていてもおかしくなかった場面。後味の悪さを残してしまった。移籍2戦目となった八村塁は23分41秒の出場で6得点、4リバウンド、1アシストだった。

(THE ANSWER編集部)


国際女性ウィーク

W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
ABEMAMLB
Lemino
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集