[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

八村塁の同僚に珍テクニカルファウル 誤審の「証拠」持ち出し米笑撃「見たことない」

米プロバスケットボール(NBA)は28日(日本時間29日)、レイカーズが敵地でセルティックスと対戦。八村塁も出場したこの試合で、誤審を巡って珍しいテクニカルファウルが生まれた。抗議したレイカーズ選手の動画が公開されると、米ファンから「見たことない」「笑ってしまった」などと反響が集まっている。

セルティックス戦に出場したレイカーズのレブロン・ジェームズ【写真:ロイター】
セルティックス戦に出場したレイカーズのレブロン・ジェームズ【写真:ロイター】

パトリック・ベバリーがカメラを持って審判に抗議

 米プロバスケットボール(NBA)は28日(日本時間29日)、レイカーズが敵地でセルティックスと対戦。八村塁も出場したこの試合で、誤審を巡って珍しいテクニカルファウルが生まれた。抗議したレイカーズ選手の動画が公開されると、米ファンから「見たことない」「笑ってしまった」などと反響が集まっている。


【注目】CW-Xを川澄奈穂美選手がお試し 運動パフォーマンスを支える「股関節サポート機能」って?(W-ANS ACADEMYへ)

 誤審の証拠を持参した。105-105の同点で迎えた第4クォーター(Q)残り3秒で、決勝レイアップを狙ったレブロン・ジェームズ(レイカーズ)だったが、相手のテイタムに手を叩かれてボールをこぼした。しかしファウル判定はなく、試合はそのままオーバータイムに。納得いかないレブロンは怒りの仕草を見せていた。

 この直後、同僚のパトリック・ベバリーが猛抗議。コートにカメラを持ち出し、審判に画面を見せた。どうやら決定的瞬間を写した写真があったようだ。しかし判定は覆らず、ベバリーはテクニカルファウルを食らってしまった。すぐに審判の元を離れたが、カメラを指さすことはやめなかった。

 一連の映像を米スポーツ専門局「ESPN」の番組「スポーツセンター」公式ツイッターが公開。「爆笑」「過去最もばかばかしいテクニカルファウル」「伝説的なテクニカルファウル」「見たことない」「笑ってしまった」「最高のテクニカルファウル」などと米ファンから様々なコメントが書き込まれていた。

「ESPN」のNBA記者、デイブ・マクメナミン氏がツイッターで報じたところによると、主審のエリック・ルイス氏は「接触はあった」「審判団はミスを犯した」と誤審を認めたという。べバリーへのテクニカルファウルについては「侮辱ともとれる不適切な行動だったため」与えたという。この試合、八村は23分41秒の出場で6得点、4リバウンド、1アシストだった。

(THE ANSWER編集部)

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集