[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

トラウト、時速296キロの仰天ショット披露 消えた打球に米興奮「流れ星かと思った」

米大リーグ、エンゼルスのマイク・トラウト外野手が時速184マイル(約296キロ)の“衝撃弾”を放った。打ちっ放しでまたもドライバーを一閃。かっ飛ばした打球はあっという間に夜空へ消えた。驚愕の弾道に米ファンからは「音速の壁を突破した」「ボールよ、さよなら」「この男はエイリアンだ」などと驚きの声が上がっている。

エンゼルスのマイク・トラウト【写真:Getty Images】
エンゼルスのマイク・トラウト【写真:Getty Images】

2年前にも驚愕ショット披露、今回は速度も判明

 米大リーグ、エンゼルスのマイク・トラウト外野手が時速184マイル(約296キロ)の“衝撃弾”を放った。打ちっ放しでまたもドライバーを一閃。かっ飛ばした打球はあっという間に夜空へ消えた。驚愕の弾道に米ファンからは「音速の壁を突破した」「ボールよ、さよなら」「この男はエイリアンだ」などと驚きの声が上がっている。


【注目】CW-Xを川澄奈穂美選手がお試し 運動パフォーマンスを支える「股関節サポート機能」って?(W-ANS ACADEMYへ)

 衝撃再びだ。2年前、トラウトが打ちっ放しで凄まじいドライバーショットを放った映像が球団公式ツイッターに公開され、1150万回再生を超える大反響に。この度、トラウトは新たな“一撃”を自身のインスタグラムに公開したが、前回に引けを取らずかっ飛ばしたボールの打球速度も判明している。

 投稿文面には「ボールスピード・チャレンジ」「あなたのベストスコアを教えて! レッツゴー!」と添えた動画。シャツがパンパンになるほどのたくましい腕でドライバーを振り抜くと、ボールはあっという間に見えなくなった。「ボールスピード:時速184マイル」と表示されたモニターでは、防球ネットを遥かに超える位置に突き刺さっていた。

 ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)では米国代表の主将も務めるトラウトの超高速な一打に米ファンからは「これは速い」「本気になればマスターズ優勝できるかも」「ビースト!」「あれはまだ飛んでる」「伝説」「オーマイガー」「流れ星を見たと思ったがボールだったのね」「ロケット」といったコメントが寄せられている。

(THE ANSWER編集部)

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集