[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平は「決断しやすくなった」 エンゼルス売却中止を嘆く米ファン「残留は0%だ」

米大リーグ・エンゼルスは23日(日本時間24日)、アート・モレノオーナーが球団売却するための調査を終了し、2023年以降も所有権を継続すると発表した。米ファンからは今季終了時にフリーエージェント(FA)になる大谷翔平投手の去就について危惧する声も。ツイッター上では「オオタニは決断しやすくなったようだ」「オオタニの残留可能性は0%に」と嘆きの声が上がった。

エンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】
エンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】

エンゼルスが球団売却の中止を発表

 米大リーグ・エンゼルスは23日(日本時間24日)、アート・モレノオーナーが球団売却するための調査を終了し、2023年以降も所有権を継続すると発表した。米ファンからは今季終了時にフリーエージェント(FA)になる大谷翔平投手の去就について危惧する声も。ツイッター上では「オオタニは決断しやすくなったようだ」「オオタニの残留可能性は0%に」と嘆きの声が上がった。

 昨年8月に球団売却に関する手続きを開始したと発表したエンゼルス。NBAウォリアーズのオーナーを務めるジョー・レイコブ氏が買収に関心を持っていることが報じられてきたが、事態は一転。球団売却の中止が発表された。

 大谷は昨季、シーズン中も強豪球団への移籍の噂が絶えなかった。今季終了時にFAとなるため、去就は現在も注目されているままだ。大谷残留のため、球団を売却することでチームの強化を求めるツイッター上の米ファンからは、嘆きの声が多く寄せられている。

「オオタニは決断しやすくなったようだ」
「オオタニは去るかも」
「ドジャースファンおめでとう。オオタニが来るよ」
「2024年ショウヘイ・オオタニはドジャースに」
「オオタニの残留可能性は0%に」

 2014年を最後にポストシーズン進出を逃しているエンゼルス。ファンの不安を払拭するためにも勝てるチームを作り上げたいところだ。

(THE ANSWER編集部)



ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集