[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

最強・国枝慎吾にしかできない引退報告に称賛の声 「まさに国枝選手のための言葉」

車いすテニスの国枝慎吾が22日、現役引退を発表した。4大大会では男子世界歴代最多50度の優勝を誇る38歳の世界的レジェンド。ツイッターでメッセージ画像付きで報告した。現役最後に記した言葉に対し、ファンから「まさに国枝選手のための言葉」「めちゃくちゃカッコいい幕引き」と声が上がった。

国枝慎吾が現役引退を発表【写真:Getty Images】
国枝慎吾が現役引退を発表【写真:Getty Images】

国枝慎吾が現役引退を発表

 車いすテニスの国枝慎吾が22日、現役引退を発表した。4大大会では男子世界歴代最多50度の優勝を誇る38歳の世界的レジェンド。ツイッターでメッセージ画像付きで報告した。現役最後に記した言葉に対し、ファンから「まさに国枝選手のための言葉」「めちゃくちゃカッコいい幕引き」と声が上がった。


【注目】CW-Xを川澄奈穂美選手がお試し 運動パフォーマンスを支える「股関節サポート機能」って?(W-ANS ACADEMYへ)

 世界ランク1位のまま現役を退く、国枝にしかできない別れだった。ツイッターで引退を報告。思いをつづった画像を公開し、昨年10度目の年間王者になったことで「もう十分やりきったという感情が高まり、決意した次第です」と引退理由を明かした。キャリアを振り返り、感謝をつづった投稿。最後には「オレは最強だ!」という言葉とサインを記した。

 国枝はラケットに「オレは最強だ!」と書いたテープを貼り、試合中に折れそうな心を奮い立たせてきた。引退の報告に対し、ファンからは「オレは最強だ! その通りっ!!」「国枝さんらしいめちゃくちゃカッコいい幕引き」「最強の選手だと思います!」「日本には国枝がいる!」「まさに『最強』とは国枝選手の為の言葉」「日本いち、世界いちカッコいいテニスプレイヤーです!」と称賛や労いの声が相次いだ。

 9歳の時に脊髄腫瘍を発症し、下半身麻痺に。2年後に車いすテニスに出会った。2004年アテネから21年東京までパラリンピックは5大会連続出場。シングルス3個、ダブルス1個の金メダルを獲得した。4大大会は男子シングルス通算28度、ダブルスは22度優勝。シングルスでは全豪11回、全仏6回、ウィンブルドン1回、全米7回の優勝を誇る。

(THE ANSWER編集部)



W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
ABEMAプレミアリーグ
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集