[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

5時間45分かかった全豪OPで「馬鹿げてる」 2度目のトイレ休憩認められずマレー激怒

テニスの4大大会・全豪オープンは19日、男子シングルス2回戦が行われ、世界ランク66位アンディ・マレー(英国)が、同159位タナシ・コッキナキス(オーストラリア)に4-6、6-7、7-6、6-3、7-5で5時間45分のフルセットの末に勝利した。日付が変わった20日午前4時まで続いた試合で、マレーが2度目のトイレ休憩を要求するも許可されず。「馬鹿げている」と憤慨する一幕があった。

男子シングルス2回戦に出場したアンディ・マレー【写真:ロイター】
男子シングルス2回戦に出場したアンディ・マレー【写真:ロイター】

午前4時まで続いた試合に勝利

 テニスの4大大会・全豪オープンは19日、男子シングルス2回戦が行われ、世界ランク66位アンディ・マレー(英国)が、同159位タナシ・コッキナキス(オーストラリア)に4-6、6-7、7-6、6-3、7-5で5時間45分のフルセットの末に勝利した。日付が変わった20日午前4時まで続いた試合で、マレーが2度目のトイレ休憩を要求するも許可されず。「馬鹿げている」と憤慨する一幕があった。

 マレーは第4セットを奪い、試合を2-2とした直後、この日2度目のトイレ休憩を要求した。しかし、現行のルールでは1試合に1度の使用しか認められていないため許可されず。ベンチに座ったマレーはこれに憤慨。「俺はルールを尊重する。でも、大会が俺たちを午前3、4時まで戦わせながらトイレも許可しないのは敬意を欠いている」と審判に抗議した。

 納得のいかない様子のマレーは「こんなのジョークだ。あなた(審判)も分かっているでしょ」と抵抗。「あなたに対しても、ボールパーソンにも、選手にも敬意を欠いている。トイレにも行けないなんて馬鹿げている」と捲し立てた。

 実際の映像を欧州放送局「ユーロスポーツ」公式インスタグラムが公開。さらに、英紙「デイリー・メール」も「マレーがコッキナキス戦の第4セット終了後にトイレ休憩を許可されず審判に激怒」などと見出しを打って注目した。

 記事では、マレーの怒った様子を紹介した上で「マレーは、2021年の全米オープンでステファノ・チチパスが複数回の長いトイレ休憩をとった時に怒った」と過去の出来事に注目。「マレーの意見がトイレ休憩に関するルール変更に導き、ATPは1試合に最大3分間の使用を1度のみ認めるとした」と紹介した。

 マレーにとっては、自身の過去の主張が思わぬ形で影響を及ぼす結果となったが、最終セットを7ー5で手にし、3回戦に駒を進めた。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集