[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

三笘薫、1785年創刊の英最古紙まで特集 大学時代の努力が「相手を恐怖に陥れている」

海外サッカー、英1部プレミアリーグのブライトンに所属する日本代表MF三笘薫を英最古紙が特集した。大学時代の卒業論文を紹介。「深夜までデータ研究」「ミトマは学んだことをイングランド初シーズンで生かしている」と“ドリブルの極意”に注目している。

ブライトンの三笘薫【写真:ロイター】
ブライトンの三笘薫【写真:ロイター】

1785年創刊のタイムズ紙が三笘を特集

 海外サッカー、英1部プレミアリーグのブライトンに所属する日本代表MF三笘薫を英最古紙が特集した。大学時代の卒業論文を紹介。「深夜までデータ研究」「ミトマは学んだことをイングランド初シーズンで生かしている」と“ドリブルの極意”に注目している。

 1785年創刊の英最古日刊紙「タイムズ」は「カオル・ミトマ:ドリブルの学位はどのようにブライトンのブレイクしたスターを形づくったのか」との見出しで記事を掲載した。同紙のスポーツ専門公式ツイッターも記事内容を紹介。「最近、ミトマがプレミアリーグのサイドバックを恐怖に陥れているのも不思議ではない。彼は大学でドリブルについて分析した論文を数年前に書いていた」と大学時代の努力を伝えた。

 一連のツイートでは、プロ入りを辞退して筑波大に進学したことを説明。「彼の研究は、自身と相手の反応を記録しながらドリブルすることに重点が置かれていた」「狙いの一つは相手をかわす最適な方法を見つけることだった。頭にカメラを付け、ドリブル中に彼の目が何に集中しているかも観察。深夜までコンピューターの前でデータを研究した」とアカデミックな一面に脚光を浴びせた。

 さらに研究で三笘が発見したことを以下のように記載している。

「ボールを受ける寸前まで、相手と自分の前にあるスペースを見ていなければならないということ」
「ドリブル開始後には頭を下げず、上体でフェイントをかけて相手の重心をずらすこと」
「緩急をつけてDFを欺き、スペースをつくること」

 続けて「ミトマは学んだことをイングランド初シーズンで生かしている」と称賛。ブライトンは14日(日本時間15日)に本拠地で強豪リバプールと対戦。三笘のリーグ戦3戦連発も期待される。

(THE ANSWER編集部)



ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集