[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥なきバンタム級で王座争奪戦勃発 弟・拓真、ドネア、ロドリゲスら強者多数

井上尚弥「兄弟同時世界王者になることを近々の目標」

 ロドリゲスは1位が空位となっているIBFでも2位で最上位に。5位のジェルウィン・アンカハス(フィリピン)は1つ下のスーパーフライ級で9度も防衛した実力者だ。WBOでは1位モロニー、2位ロドリゲスのほか、6位に井上に敗れたばかりの前王者ポール・バトラー(英国)が名を連ねている。


【注目】女性アスリートに必要な「栄養と食事」とは? バドミントン松友美佐紀選手と考える、姉妹サイトW-ANS ACADEMY主催の無料イベントを6月16日に開催 詳細はこちら

 さらに大橋ジムでは、東洋太平洋スーパーバンタム級王者・武居由樹も世界王座を狙っている。大橋会長は「武居がバンタム級に下げる計画もあるので、本人と八重樫(東トレーナー)と話し合っている最中です」と説明。井上も弟の拓真にエールを込めて目標を口にした。

「もちろん、井上家としての夢である兄弟同時世界王者というのは今もずっと掲げてトレーニングを積んでいます。そこに向けて頑張っている。そこで(自分が)タイトルを返上してスーパーバンタム級に上げ、兄弟同時世界王者になることを近々の目標に掲げています」

 モンスター不在でも熾烈な争いが繰り広げられる。

(THE ANSWER編集部)


W-ANS


1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集