[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

渡邊雄太所属のネッツに暗雲 大物デュラントが右ひざ靱帯を負傷、1か月離脱と米報道

米プロバスケットボール・ネッツのスーパースター、ケビン・デュラントが8日(日本時間9日)の敵地ヒート戦で負傷。翌9日(同10日)、チームは右ひざの内側側副靱帯捻挫と診断されたことを発表した。米メディアは、約1か月離脱する見込みであると伝えている。

ネッツのケビン・デュラント(左)と渡邊雄太【写真:Getty Images】
ネッツのケビン・デュラント(左)と渡邊雄太【写真:Getty Images】

8日のヒート戦で負傷

 米プロバスケットボール・ネッツのスーパースター、ケビン・デュラントが8日(日本時間9日)の敵地ヒート戦で負傷。翌9日(同10日)、チームは右ひざの内側側副靱帯捻挫と診断されたことを発表した。米メディアは、約1か月離脱する見込みであると伝えている。


【注目】CW-Xを川澄奈穂美選手がお試し 運動パフォーマンスを支える「股関節サポート機能」って?(W-ANS ACADEMYへ)

 デュラントはヒート戦の第3クォーター(Q)で、倒れかかってきた相手選手と接触。右ひざを押さえ、しばらく立ち上がることができなかった。ネッツ公式ツイッターは一夜明け、「フォワード、ケビン・デュラントは右膝の内側側副靱帯捻挫と診断された。この怪我は昨夜のマイアミでの試合の第3Qで起こった。デュラントは2週間以内に再検査を受ける予定」と伝えた。

 渡邊雄太も所属するネッツ。大型連勝も記録し、現在はイースタン・カンファレンス2位につけている。チームを引っ張ってきた一人である「KD」が離脱することになると、チームには大きな痛手となる。

 米スポーツ専門局「ESPN」は「情報源:ネッツのケビン・デュラント(右膝の内側側副靱帯捻挫)は1か月出場できない見込み」との見出しで記事を掲載。「月曜日に複数の情報源がESPNに明かしたところによると、ネッツのスター、ケビン・デュラントは約1か月出場できない見込みだ」と伝えた。

「デュラントは昨シーズンの1月初めに左膝の内側側副靱帯捻挫で6週間出場できなかったが、今回はそのときよりは重症でなく、出場できない期間が4週間以上になることはなさそうだと情報源は伝えた」とも記している。「昨年デュラントが怪我したとき、ネッツは27勝15敗だったが、デュラントがいない間は11連敗を含む5勝17敗だった」とその存在の大きさを示すデータも紹介した。

(THE ANSWER編集部)

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集