[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ポドルスキがチャリティ試合で怒りの退場 審判を侮辱と母国報道「ポルディ、乱心!」

サッカーの元ドイツ代表FWで、Jリーグでもプレーしたルーカス・ポドルスキが、後援するチャリティマッチに自身も選手として出場。しかし、判定への不満から審判を侮辱し、退場になってしまったようだ。ドイツ大衆紙「ビルト」は「審判を非難 ポルディ、お楽しみトーナメントで乱心!」との見出しを打った記事で報じている。

現在はグールニク・ザブジェでプレーするポドルスキ【写真:Getty Images】
現在はグールニク・ザブジェでプレーするポドルスキ【写真:Getty Images】

後援するチャリティマッチでまさかの出来事

 サッカーの元ドイツ代表FWで、Jリーグでもプレーしたルーカス・ポドルスキが、後援するチャリティマッチに自身も選手として出場。しかし、判定への不満から審判を侮辱し、退場になってしまったようだ。ドイツ大衆紙「ビルト」は「審判を非難 ポルディ、お楽しみトーナメントで乱心!」との見出しを打った記事で報じている。


【注目】女子アスリートの課題を1日で学ぶオンラインイベント開催! 豪華メンバー登壇、男性指導者も歓迎…どなたでも無料で参加できるウェビナーの詳細はこちらから

 まさかの出来事が生まれたのはドイツのグンマースバッハで行われたインドアサッカーのトーナメント戦。6クラブが参加し、ポドルスキは現在所属するポーランドのグールニク・ザブジェの選手として出場したという。記事では準決勝のロート・ヴァイス・エッセン戦で「何度も熱くなるシーンがあり、ポルディも2-2のスコアの時にタイムぺナルティを受けた」と伝えられている。

「ビルト」によると、相手決定機のファウルで2分間ピッチ外となったことに納得いかないポドルスキは「審判の判定に不満を持ち、詰め寄って侮辱。これによって退場となった」とされている。また別の試合でも、ポドルスキは相手DFにファウルした後、言い争いとなる場面があったと記されている。

 ただ、審判には「ポルディはしばらくして落ち着きを取り戻すと謝罪」したとされ、言い争った相手にも「最終的にはポルディが謝り、試合後にハンブルガーSVのロッカーまで行きフレンドリーな抱擁を交わしている」と紹介されていた。

 ポドルスキが後援するこの大会には200万ユーロ弱(約2億8000万円)が集まり、慈善活動に使われることも「ビルト」は伝えている。

(THE ANSWER編集部)

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
ABEMAプレミアリーグ
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集