[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平に「本塁打を打たれてもいいから戦いたい」 韓国の“元二刀流”がWBCに闘志

野球のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)が3月に開幕する。米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は6日に侍ジャパンのメンバー入りが発表された。世界から注目を浴びる二刀流と対戦希望の声が、お隣の韓国からも上がっている。韓国紙「スポーツ東亜」は、同国代表クァク・ビン投手に注目している。

韓国代表に選出されているクァク・ビン【写真:Getty Images】
韓国代表に選出されているクァク・ビン【写真:Getty Images】

高校時代に二刀流で注目されたクァク・ビン

 野球のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)が3月に開幕する。米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は6日に侍ジャパンのメンバー入りが発表された。世界から注目を浴びる二刀流と対戦希望の声が、お隣の韓国からも上がっている。韓国紙「スポーツ東亜」は、同国代表クァク・ビン投手に注目している。


【注目】女子アスリートの課題を1日で学ぶオンラインイベント開催! 豪華メンバー登壇、男性指導者も歓迎…どなたでも無料で参加できるウェビナーの詳細はこちらから

 常識を打ち破る二刀流で2021年にMVPを獲得し、昨季は初の投打ダブル規定達成を果たした大谷。「スポーツ東亜」は「クァク・ビンは、2022年の大リーグで打者として30本塁打、投手として15勝を挙げた大谷翔平、マイク・トラウトとの対決を期待していた」と記事で伝えた。

 KBOの斗山ベアーズでプレーするクァク・ビンは、培明高時代にでエースと4番打者の“二刀流”で注目され、記事では「大谷との対決をより楽しみにしている理由だ」と紹介されている。プロでは投手に専念。昨季は27試合で8勝9敗、防御率3.78と2018年にプロ入りして以降の最高成績をマークしている。

 対決を期待する選手に、クァク・ビンは大谷の名前を挙げている。「ホームランを打たれてもいいので、ロールモデルである大谷と戦ってみたい」と真っ向勝負を挑みたい気持ちも持っているようだ。

(THE ANSWER編集部)

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
ABEMAプレミアリーグ
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集