[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

男子ゴルフで衝撃の427yショットが話題 飛びすぎる特有の理由に「200yは転がってそう」

米男子ゴルフでツアー屈指の飛距離が出る名物ホールで427ヤードの衝撃ショットが生まれ、話題を呼んでいる。PGAツアーが紹介し、ファンからは飛距離が生まれる特有の理由に「凄い坂だ」「狂気」「角度25度とみた」と驚きの声が上がった。

第2日をプレーするジャスティン・トーマス【写真:ロイター】
第2日をプレーするジャスティン・トーマス【写真:ロイター】

トーマスが名物のかっ飛ばしホールで放った驚きのティーショット

 米男子ゴルフでツアー屈指の飛距離が出る名物ホールで427ヤードの衝撃ショットが生まれ、話題を呼んでいる。PGAツアーが紹介し、ファンからは飛距離が生まれる特有の理由に「凄い坂だ」「狂気」「角度25度とみた」と驚きの声が上がった。

 驚きの飛距離であっと言わせたのはジャスティン・トーマス(米国)だ。6日(日本時間7日)に行われたセントリー・トーナメント・オブ・チャンピオンズの第2日。カパルア・リゾート・プランテーションコースでお馴染みのかっ飛ばしホール、7番535ヤードのパー4だった。

 ティーグラウンドから打ち下ろしで豪快に振り抜いたティーショットはフェアウェー中央に着弾すると、グリーンに向かってひたすら下っていく傾斜で勢いがつき、どんどんと転がっていく。およそ30秒近くコロコロと跳ね、距離は伸びる。ようやく止まったのは427ヤード地点だった。

 PGAツアー公式インスタグラムは「535ヤードのパー4でジャスティン・トーマスが記録した!」と動画付きで紹介すると「200ヤード転がってそう」「凄い坂だ」「イージーホール」「冗談だろ」「狂気だ」「角度25度とみた」「ダウンヒル」と飛距離とコース形状に驚きの声が上がった。

 このホールはパーとなったものの、トーマスは5バーディー、1ダブルボギーの70で回り、通算6アンダーの27位につけている。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集