[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

日本の高校サッカーに海外ファンも衝撃 奇策合戦に「分身の術」「クリエイティブだ」

全国高校サッカー選手権の珍場面が、海外ファンの間でも話題となった。4日、浦和駒場で行われた準々決勝、東山(京都)―日体大柏(千葉)の試合。間接フリーキックで攻守ともに“奇策”に出た実際のシーンに、ツイッター上では「日本はいつもクリエイティブだな」「なんだこりゃ」などと衝撃を受けた様子のコメントが書き込まれていた。

海外ファンの間でも話題となった東山―日体大柏のプレーとは【写真:Getty Images】
海外ファンの間でも話題となった東山―日体大柏のプレーとは【写真:Getty Images】

東山―日体大柏の試合で珍シーン

 全国高校サッカー選手権の珍場面が、海外ファンの間でも話題となった。4日、浦和駒場で行われた準々決勝、東山(京都)―日体大柏(千葉)の試合。間接フリーキックで攻守ともに“奇策”に出た実際のシーンに、ツイッター上では「日本はいつもクリエイティブだな」「なんだこりゃ」などと衝撃を受けた様子のコメントが書き込まれていた。

 0-0で迎えた後半終了間際、珍しいシーンが生まれた。バックパスの判定で、日体大柏が敵陣ゴール前で間接FKのチャンスを得た。ここで東山は得点を防ぐべく11人全員がゴール前に並んだ。一方、大チャンスの日体大柏も奇策に。キッカーの位置には縦一列に7人が並び、かく乱作戦に出たのだった。

 笛が吹かれると、日体大柏は1人、2人と先頭から勢いよくボールをスルー。3人目が触ったボールを4人目がシュートしたが、東山の厚い壁がこれをブロック。得点を許さなかった。ツイッター上で映像が拡散され、海外ファンも驚いた様子。「Bunshin no jutsu(分身の術)戦略だ」「日本はいつもクリエイティブだな」「衝撃的だ」「なんでこんなに奇妙なんだ」「なんだこりゃ」「アニメの世界か?」などと反響が集まっていた。

 試合は0-0のままPK戦に突入し、東山が4-3で勝利した。7日の準決勝では、大津(熊本)と対戦する。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集