[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

宇野昌磨、師匠ランビエールと体を温めた舞台裏がSNS話題「ほのぼの感がたまらない」

フィギュアスケートの全日本選手権は25日、大阪・東和薬品ラクタブドームで男子フリーが行われ、宇野昌磨(トヨタ自動車)が合計291.73点で3年ぶり5度目の優勝を果たした。23日のショートプログラム(SP)の前、師事するステファン・ランビエールコーチと体を温めるシーンがツイッター上で話題に。「何回見ても可愛い」「ほのぼの感、たまらない」と反響が集まっていた。

3年ぶり5度目の優勝を果たした宇野昌磨【写真:Getty Images】
3年ぶり5度目の優勝を果たした宇野昌磨【写真:Getty Images】

全日本選手権で3年ぶり5度目の優勝

 フィギュアスケートの全日本選手権は25日、大阪・東和薬品ラクタブドームで男子フリーが行われ、宇野昌磨(トヨタ自動車)が合計291.73点で3年ぶり5度目の優勝を果たした。23日のショートプログラム(SP)の前、師事するステファン・ランビエールコーチと体を温めるシーンがツイッター上で話題に。「何回見ても可愛い」「ほのぼの感、たまらない」と反響が集まっていた。

【PR】ABEMA de DAZN、明治安田J1リーグの試合を毎節2試合無料生中継!

 SPを直前に控えた宇野とランビエール氏の舞台裏が注目を浴びた。フジテレビの中継映像に映し出されたのは、2人が向かい合ってスクワットをするシーン。ランビエールコーチがリュックを背負ったまま「イチ、ニ……」と日本語で数え、腰をしっかり落としていた。途中から数字を間違えてしまったようだが、構わず続行。しっかり準備していた。

 ツイッター上の日本人ファンも2人の関係性に注目。「何回見ても可愛い」「順番めちゃくちゃになっちゃうのも全てが尊い」「もうこの師弟のほのぼの感、たまらない」「1!2!3!4!5!8! ランビエール可愛すぎんか」「日本の数え方でスクワットしてくれるの」などと反響が集まっていた。

(THE ANSWER編集部)

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集