[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

西武ドラ1蛭間拓哉、出身のライオンズJr.にエール 27日からトーナメント戦「必ず貴重な経験に」

今月27日から明治神宮野球場と横浜スタジアムにて「NPB12球団ジュニアトーナメント KONAMI CUP 2022」が開催され、今年も野球界の未来を担うこどもたちの熱い戦いが繰り広げられる。プロ野球・西武のドラフト1位・蛭間拓哉外野手は2012年、小学6年生時にジュニアメンバーとして活動し、同大会に出場。その前年まで1勝もしたことがなかったライオンズジュニアは記念すべき初勝利を飾った。

西武のドラフト1位・蛭間がライオンズジュニアにエール【写真:球団提供】
西武のドラフト1位・蛭間がライオンズジュニアにエール【写真:球団提供】

蛭間は2012年に大会出場

 今月27日から明治神宮野球場と横浜スタジアムにて「NPB12球団ジュニアトーナメント KONAMI CUP 2022」が開催され、今年も野球界の未来を担うこどもたちの熱い戦いが繰り広げられる。プロ野球・西武のドラフト1位・蛭間拓哉外野手は2012年、小学6年生時にジュニアメンバーとして活動し、同大会に出場。その前年まで1勝もしたことがなかったライオンズジュニアは記念すべき初勝利を飾った。

 ライオンズジュニア出身の選手が西武に入団するのは、昨年の羽田慎之介投手(2016年ジュニアメンバー)に続いて2年連続2人目。プロに憧れてジュニアの選考に臨む選手も増えてきたと言う。蛭間は「高いレベルの野球を学べるところがあるということで、人に勧められてメンバー選考に応募しました。プロと同じ球場、同じユニホームを着てプレーできたということは、他ではなかなかできない経験だと思います」と当時を振り返り、エールも送っている。

「プロでもまたこのユニホームを着たいという想いがより芽生えました。小学校の卒業アルバムにも“ライオンズにドラフト1位”と書きましたし、その夢が現実になってうれしいです。ジュニアトーナメントは、とにかく周囲の選手のレベルが高くて、例えば根尾昴選手(中日ドラゴンズジュニア)や藤原恭大選手(オリックス・バファローズジュニア)は当時から本当にすごかったです。

 自分は当時体も小さくて全然うまくなかったですけど、レベルの高さを肌で感じたことで、もっとがんばろうと思いました。その時の想い経験はその後の練習の糧になっていますし、こどもたちにとっても必ず貴重な経験になりますので、ぜひがんばってもらいたいです」

 星野智樹監督率いる埼玉西武ライオンズジュニアが狙うは、悲願の初優勝。ドラフト1位ルーキーも注目するジュニアトーナメントの開幕はいよいよ27日に迫り、ライオンズジュニアは今週末の24日、25日もクリスマス返上で最後の練習に励み、強敵が待ち受けるトーナメントへ挑む。

(THE ANSWER編集部)



ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集