[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ロッテ中村奨吾「今でも胸に残っています」 実現させた小児がん支援の裏に3年前の記憶

プロ野球・ロッテの中村奨吾内野手が21日、楽天の今江敏晃コーチと千葉県こども病院を訪問した。

千葉県こども病院を訪問したロッテの中村(右)と楽天・今江コーチ(左)【写真:球団提供】
千葉県こども病院を訪問したロッテの中村(右)と楽天・今江コーチ(左)【写真:球団提供】

楽天・今江コーチとともに千葉のこども病院を訪問

 プロ野球・ロッテの中村奨吾内野手が21日、楽天の今江敏晃コーチと千葉県こども病院を訪問した。

【PR】アベマで日本史上初UEFA EURO 2024全51試合無料生中継! 速報ダイジェストや見逃しフルマッチも無料!

 今江コーチはロッテ時代の2009年より小児がんの支援活動を行っており、今年で活動14年目となる。中村は今回が初の訪問となった。

 今季チームの主将を務めた中村は、球団を通じて以下の通りコメント。活動を始めたきっかけに、3年前に交流したファンとの交流があったことを明かしている。

「2019年に闘病生活を送っている自分のファンの子と球場でお会いする機会がありました。マリーンズの試合を見て自分のプレーを見ることで頑張れると言ってくれました。それまでは自分のプレーが誰かの力になれるという実感があまりなかったのですが、そうやって実際に会って言ってもらえたことが、ずっと今でも胸の中に残っています」

 その経験から「自分も野球だけではなく、なにか活動が出来ないか」と考えた結果、球団OBであり、現役時代から社会貢献活動に積極的な今江コーチに「一緒に行かせて欲しい」と相談したという。

中村は今江コーチに相談して活動が実現。継続を誓う【写真:球団提供】
中村は今江コーチに相談して活動が実現。継続を誓う【写真:球団提供】

 その後にコロナ禍となったため、なかなか病院訪問の機会を作ることが難しかったが、今回ついに実現した。「残念ながら子供たちにはまだ直接触れ合うことはできなかったのですが、先生たちから『みんな、楽しみにしていた』と伝え聞いてとてもうれしかったです。これからも、このような活動を続けて闘病生活を送っている子供たち、支えている親御さんや病院の方々に少しでも喜んでもらい、笑顔を届けることが出来ればと思っています」と活動継続を誓っている。

(THE ANSWER編集部)





W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集