[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「同じ16強で日本9位、なぜ違うか」 W杯16位に韓国メディアが反応「8か国で最も…」

サッカーのカタール・ワールドカップ(W杯)は、アルゼンチンの36年ぶり3度目の優勝で幕を閉じた。日本代表はドイツ、スペインをグループリーグ(GL)で破り、2大会連続の決勝トーナメント進出。クロアチアに敗れてベスト8は逃したが、FIFA(国際サッカー連盟)が発表した出場32か国の最終順位では9位となった。同じ16強で16位になった韓国メディアも、順位について反応している。

同じ16強で16位になった韓国代表【写真:ロイター】
同じ16強で16位になった韓国代表【写真:ロイター】

カタールW杯

 サッカーのカタール・ワールドカップ(W杯)は、アルゼンチンの36年ぶり3度目の優勝で幕を閉じた。日本代表はドイツ、スペインをグループリーグ(GL)で破り、2大会連続の決勝トーナメント進出。クロアチアに敗れてベスト8は逃したが、FIFA(国際サッカー連盟)が発表した出場32か国の最終順位では9位となった。同じ16強で16位になった韓国メディアも、順位について反応している。

【特集】初代金メダリストが次世代に繋ぐサポートの輪「夢を持ってくれたら」 / スケートボード・堀米雄斗選手インタビュー(GROWINGへ)

 ドイツ、スペインを撃破する大金星で、E組首位通過となった日本。決勝トーナメント1回戦ではクロアチアにPK戦の末敗れ、敗退となった。それでもGLで2勝、クロアチア戦も公式記録では引き分け扱いとなっており、4戦で2勝1敗1分け。得失点差は+1で、16強で敗退した国のうち最高評価されて9位になった。

 16位となった韓国メディア「マネートゥデイ」は「韓国W杯最終成績16位…同じベスト16強なのに日本9位、なぜ違うのか」との見出しで記事を掲載。その理由について触れている。

 9位以下は日本、セネガル、オーストラリア、スイス、スペイン、米国、ポーランド、韓国の順だったが、記事では「日本は4試合を行い、2勝1分け1敗で、これら8か国のうち最も優れた競技力を見せた。日本はグループ1位でベスト16入りし、ベスト16では欧州強豪クロアチア(最終3位)と1対1で引き分けた後、PK戦で1対3で敗れた」と日本の戦いぶりを評した。

 一方、自国の韓国について記事では「ベスト16を懸けた試合でブラジルに1対4で敗れた韓国は、最終成績1勝2敗1分け、計5ゴールを決めたが8ゴールを奪われ、得失点『-3』を記録した」と、16強のチームの中では最下位だった背景を伝えた。「それでもベスト16入りできなかった国よりはいいだろう」と一定の評価も与えている。

 そのほか、記事では「GL脱落国の中では、ドイツが最も高い17位で、韓国の次だ。今大会の主催国だが、3連敗により『光の速度』で脱落したカタールは、最も低い32位だった」と伝えた。

(THE ANSWER編集部)


DAZN

W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集