[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

W杯の5大番狂わせに日本&韓国を米メディア選出「シンデレラ物語はドイツ戦に留まらず」

サッカーのカタール・ワールドカップ(W杯)もいよいよ18日(日本時間19日)の決勝戦を残すのみとなった。波乱が続出した今大会、米メディアは「今大会最も記憶に残る5つの番狂わせ」を特集。日本が初戦でドイツに逆転勝ちした一戦も選出され「日本のシンデレラストーリーはこれにとどまらなかった」と躍進ぶりを報じている。

グループリーグでドイツとスペインを倒す番狂わせを演じた日本代表【写真:ロイター】
グループリーグでドイツとスペインを倒す番狂わせを演じた日本代表【写真:ロイター】

5試合中4試合がアジア勢の激勝

 サッカーのカタール・ワールドカップ(W杯)もいよいよ18日(日本時間19日)の決勝戦を残すのみとなった。波乱が続出した今大会、米メディアは「今大会最も記憶に残る5つの番狂わせ」を特集。日本が初戦でドイツに逆転勝ちした一戦も選出され「日本のシンデレラストーリーはこれにとどまらなかった」と躍進ぶりを報じている。

【特集】初代金メダリストが次世代に繋ぐサポートの輪「夢を持ってくれたら」 / スケートボード・堀米雄斗選手インタビュー(GROWINGへ)

 米スポーツ専門局「FOXスポーツ」は「今大会最も記憶に残る5つの番狂わせ」を特集。「どのW杯にも番狂わせはつきものだが、2022年大会は1試合おきにあったように思える。その中から、最も衝撃的な勝利(と敗戦)をいくつか振り返る」として5試合に注目した。

 その中の一つにピックアップしたのは、日本がドイツに2-1の逆転勝利を収めた一戦。「2018年にグループステージで敗退したドイツは別のW杯を思い描いていたはずだ。日本も別のプランを立てており、ランキングでは13位下のチームがドイツを倒した。ドイツは2大会連続でグループステージ敗退となった」とドイツ視点で記した。

 その上で「日本のシンデレラストーリーはドイツ戦だけにとどまらず。グループステージ最終戦では3分間に2ゴールを決めてスペインを破り、勝ち点6でグループEを首位で突破した」「日本はクロアチアにPK戦で1-3と敗れ、大会を終えた」と日本の奮闘に触れている。

 他の4試合は、グループリーグでサウジアラビアのアルゼンチン戦2-1逆転勝利、デンマークを1-0で破ったオーストラリア、韓国がポルトガルを後半アディショナルタイムの決勝弾で2-1で破った一戦、準々決勝でモロッコがポルトガルに1-0で勝利した一戦を選出。アジア勢絡みが4試合あり、アジア旋風が巻き起こった大会を象徴していると言えそうだ。

(THE ANSWER編集部)


DAZN

W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集