[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

宇野昌磨の演技後「彼を見て!」 GPファイナル名場面にカナダ注目「最後に疲れて…」

イタリア・トリノで行われたフィギュアスケートのグランプリ(GP)ファイナルは男子シングルで宇野昌磨(トヨタ自動車)が合計304.46点を記録し、初優勝を飾った。フリー(FS)演技直後の氷上での振る舞いに、カナダの元選手は「最後には疲れ切ってた」と注目していた。

GPファイナル男子シングルで優勝した宇野昌磨【写真:Getty Images】
GPファイナル男子シングルで優勝した宇野昌磨【写真:Getty Images】

GPファイナルで初優勝、演技後の仕草に注目

 イタリア・トリノで行われたフィギュアスケートのグランプリ(GP)ファイナルは男子シングルで宇野昌磨(トヨタ自動車)が合計304.46点を記録し、初優勝を飾った。フリー(FS)演技直後の氷上での振る舞いに、カナダの元選手は「最後には疲れ切ってた」と注目していた。

【PR】ABEMA de DAZN、明治安田J1リーグの試合を毎節2試合無料生中継!

 宇野はFSでバッハの「G線上のアリア」の調べに乗せ、4種類計5本の4回転ジャンプを組み込んだプログラムを華麗に演じきった。右膝をついてフィニッシュのポーズ。その直後、氷上に座り込んだ。やり切った安堵感か、満足そうな表情を浮かべ、やがて立ち上がると、大きな歓声に応えた。

 この場面に注目したのはカナダ公共放送「CBCスポーツ」公式YouTubeチャンネル。世界選手権にも出場したカナダの名手で、同チャンネルの番組ホストを務める元アイスダンス選手アッシャー・ヒル氏は「彼を見て! 演技の最後、疲れ切って座り込んでいました」と脚光を浴びせていた。

 ヒル氏は宇野の演技について「他のメダリストと差をつけたのは、比類ないスケーティング技術と、4回転を軽々とプログラムの一素材として織り込めること」と称賛。師事するステファン・ランビエール氏も、同じ会場で行われた2006年のトリノ五輪で銀メダルを獲得していたことを紹介していた。

(THE ANSWER編集部)





W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集