[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥「意外と3時間くらい寝れた(笑)」 快挙から一夜明け会見、次戦のSバンタム級転向は保留

ボクシングの世界バンタム級4団体統一王者・井上尚弥(大橋)が14日、WBO王者ポール・バトラー(英国)との4団体統一戦から一夜明け、神奈川・横浜市内の所属ジムで会見した。前夜は東京・有明アリーナで11回1分9秒KO勝ちし、アジア人初、世界9人目の4団体統一を達成。傷ひとつない顔で歴史をつくった一戦を振り返った。

一夜明け会見に登場した井上尚弥【写真:浜田洋平】
一夜明け会見に登場した井上尚弥【写真:浜田洋平】

井上尚弥が一夜明け会見

 ボクシングの世界バンタム級4団体統一王者・井上尚弥(大橋)が14日、WBO王者ポール・バトラー(英国)との4団体統一戦から一夜明け、神奈川・横浜市内の所属ジムで会見した。前夜は東京・有明アリーナで11回1分9秒KO勝ちし、アジア人初、世界9人目の4団体統一を達成。傷ひとつない顔で歴史をつくった一戦を振り返った。

【PR】アベマで日本史上初UEFA EURO 2024全51試合無料生中継! 速報ダイジェストや見逃しフルマッチも無料!

 井上は4本のベルトを前に余韻に浸っていた。「4団体全KO奪取」「4人の王者から1本ずつ奪取」という世界初の大記録付きでバンタム級完全制覇を成し遂げた。

「意外と3時間くらい寝れました(笑)。昨日は本当に最高の夜。ここに4本揃うと、やってきた重みを実感します。(4団体の中で)倒すのに時間がかかって筋肉痛も一番ありますね。夜は焼肉でした。牛タンです。(今年の漢字?)自分も『戦』ですね。3団体、4団体統一と戦いの一年だった」

 ガードを固め、足を使いながら距離を取る極端な防御重視の戦略をとったバトラーに対し、多彩なパンチを浴びせ続けた一戦。サウスポー、ノーガード、後ろに手を組んでまで揺さぶり、11回に均衡を破った。ロープに詰め、ガードもお構いなしに左右のボディーからフックで猛連打。10カウントを取らせ、リングで飛び跳ねて喜んだ。

「ガードの上からでも実際に効いていた。あれだけ額にグラブを付けていれば、ノーダメージはないと思うので、ダメージを蓄積させていきました。バトラーがこの試合に向けてどれだけディフェンスを固めてきたか感じました。

 11回は完全にギアを上げました。バトラーは疲れていましたし、(ラウンド開始前に)ああいうアクションを取って『しっかり行くぞ』とやった。そういう心理戦もありました。残り2ラウンドで仕留め切れる感覚もありました。(KOは)チラついたし、お客さんの声も聞こえた。プロとして見せるべきものを見せたかった」

 バンタム級ではやり残すことがなくなった。1つ重いスーパーバンタム級への転向について、試合後のリング上では「4団体統一を成し遂げた今、スーパーバンタム級への転向を考えています」とコメント。会見でも「ゆっくりして会長、父と相談しながら今後どうしていくか話し合っていきたい」と次戦での転向について明言を避けていた。

 同級ではWBAスーパー&IBF王者ムロジョン・アフマダリエフ(ウズベキスタン)、WBC&WBO王者スティーブン・フルトン(米国)がベルトを保持している。井上は一夜明けて次戦での転向を保留し、改めて展望を明かした。

「この4団体をどうするか、階級をどうするか、会長、父と相談したい。スーパーバンタム級に上げれば本当に気を抜けない戦いになる。全体的にスリリングな試合になると思います。すぐに挑戦できるならしたいですし、テストマッチは必要ないです。チャンスがあるならいきたい」

 アフマダリエフとフルトンが4団体統一戦を行えば、井上は1試合挟むなどしながら待たなければならない。両王者が王座返上した場合も、空位のベルトに挑戦するチャンスを確実に手にできるとは限らない。大橋秀行会長は「未定ですが」とした上で次戦は4、5月を想定。「階級はまだわかりません。この4団体統一王者を満喫するのもいい」と笑った。

 4階級制覇なら井岡一翔(志成)に次ぐ日本人2人目。2階級で4団体統一すれば、これまた世界初の歴史的偉業となる。2023年も夢が膨らみそうだ。

(THE ANSWER編集部)





W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集