[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

完敗バトラーの超消極姿勢に母国世界王者が苦言「気分が悪くなる、ただ生き延びた」

ボクシングのWBAスーパー&IBF&WBC世界バンタム級(53.52キロ以下)3団体統一王者・井上尚弥(大橋)が13日、東京・有明アリーナでWBO世界同級王者・ポール・バトラー(英国)との4団体王座統一戦に臨み、11回1分9秒KO勝ちした。一方で、徹底した防御で“亀”になって完敗したバトラーのスタンスに、母国の世界王者が苦言を呈している。

井上尚弥のパンチに身をかがめるポール・バトラー【写真:荒川祐史】
井上尚弥のパンチに身をかがめるポール・バトラー【写真:荒川祐史】

世界バンタム級4団体王座統一戦

 ボクシングのWBAスーパー&IBF&WBC世界バンタム級(53.52キロ以下)3団体統一王者・井上尚弥(大橋)が13日、東京・有明アリーナでWBO世界同級王者・ポール・バトラー(英国)との4団体王座統一戦に臨み、11回1分9秒KO勝ちした。一方で、徹底した防御で“亀”になって完敗したバトラーのスタンスに、母国の世界王者が苦言を呈している。

【PR】アベマで日本史上初UEFA EURO 2024全51試合無料生中継! 速報ダイジェストや見逃しフルマッチも無料!

 防戦一方だったバトラー。なかなか手が出せず、井上にはノーガードで誘われるなど“遊ばれた”。8回には井上が後ろに手を組んでまで挑発するも、積極的な姿勢は示せず。11回、バトラーはロープに詰められ、ボディー、フックを浴びてダウン。立ち上がれず、敗北が決まった。試合後は井上を素直に称える姿も見せていた。

 IBF世界フライ級王者のサニー・エドワーズ(英国)は、試合後に自身のツイッターを更新。同郷のバトラーについて「バトラーのこの試合でのボディランゲージには気分が悪くなる。勝ちたかったわけではなく、ただ生き延びた。4団体統一のチャンスを逃し、相手の後ろで拍手を送る。写真のためにすぐ笑顔になるなんて」と苦言を呈していた。

(THE ANSWER編集部)





W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集