[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • C.ロナウドの採点は驚愕の低評価「4.85」 PK失敗&“肘打ち”イエローに海外落胆

C.ロナウドの採点は驚愕の低評価「4.85」 PK失敗&“肘打ち”イエローに海外落胆

サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会は25日、1次リーグB組でポルトガルがイランに1-1で引き分け。勝ち点5の2位で決勝トーナメント進出を決めた。エ―スFWクリスティアーノ・ロナウドはPKを外すなど不発。“肘打ち”のシーンも波紋を呼び、ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)によってイエローカードが下されるなど、精彩を欠いた。英公共放送BBCはユーザー投票による採点を公開。ロナウドにつけられたのは「4.85」という低評価だった。

クリスティアーノ・ロナウド【写真:Getty Images】
クリスティアーノ・ロナウド【写真:Getty Images】

英BBCがユーザー投票による採点公開、精彩欠いたC.ロナウドには「4.85」の低評価

 サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会は25日、1次リーグB組でポルトガルがイランに1-1で引き分け。勝ち点5の2位で決勝トーナメント進出を決めた。エ―スFWクリスティアーノ・ロナウドはPKを外すなど不発。“肘打ち”のシーンも波紋を呼び、ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)によってイエローカードが下されるなど、精彩を欠いた。英公共放送BBCはユーザー投票による採点を公開。ロナウドにつけられたのは「4.85」という低評価だった。

【特集】「走り」で人は変われる 子どもが運動会でヒーロー・ヒロインになる方法 / 陸上 伊藤友広さん、秋本真吾さん(GROWINGへ)

 この日は“ロナウド”の日ではなかった。1点リードの後半7分のPKを外し落胆。後半38分には接触のシーンで“肘打ち”だと判定され、イエローカードももらった。後半アディショナルタイムに追いつかれ、同点とされたが、辛くもドローで決勝トーナメント進出を決めた。

 英BBCは試合後恒例の採点を公開しているが、ロナウドへの評価は出場した全28選手中ワースト2位の「4.85」。マン・オブ・ザ・マッチはイランのMFバヒド・アミリの「6.44」だった。

 グループリーグは何とか突破したが、万が一敗れて敗退していれば、ロナウドが戦犯として批判されていた可能性は高い。この結果に誰よりも安堵しているのは本人かもしれない。

(THE ANSWER編集部)

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー