[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

F1ベッテル、最後の鈴鹿で無線に残していた日本語メッセージが話題「この瞬間は泣いた」

自動車レースのF1日本GPは9日、鈴鹿サーキットで決勝が行われ、今季限りでの現役引退を表明しているセバスチャン・ベッテル(アストンマーチン)は6位だった。その裏で、今季限りで引退する名ドライバーが、9番手に入った8日の予選で話題になったシーンがある。アタック後に無線で最後となる鈴鹿へ、日本語で感謝のメッセージを送った。日本人ファンを「泣かせないでくれよ」「何回見ても感動する」と感動させた。

現役最後となるF1鈴鹿GPで感謝のメッセージを日本語で残したベッテル【写真:ロイター】
現役最後となるF1鈴鹿GPで感謝のメッセージを日本語で残したベッテル【写真:ロイター】

ベッテルが現役最後の日本グランプリ走行

 自動車レースのF1日本GPは9日、鈴鹿サーキットで決勝が行われ、今季限りでの現役引退を表明しているセバスチャン・ベッテル(アストンマーチン)は6位だった。その裏で、今季限りで引退する名ドライバーが、9番手に入った8日の予選で話題になったシーンがある。アタック後に無線で最後となる鈴鹿へ、日本語で感謝のメッセージを送った。日本人ファンを「泣かせないでくれよ」「何回見ても感動する」と感動させた。

 日本語で気持ちを伝えた。予選でアタックを終えたベッテル。無線で「素晴らしいセッションだった。本当に楽しんだよ。このコースは他のどのコースよりずっといい」と英語でチームに伝えると、「アリガトウゴザイマス、スズカ。サンキュー。この場所が恋しくなるだろうね。けど、また明日レースがある。そこでポイントを獲れるように」と日本語を使いながら、現役最後となる鈴鹿への想いを噛み締めていた。

 実際の映像を、F1公式ツイッターが公開。文面に「セバスティアン・ベッテル、鈴鹿最後の予選後に感情がこみ上げる」と記した投稿には、日本人ファンから「これは泣いた」「ベッテルは、なんていいやつなんだ」「セブ、泣かせないでくれよ」「何回見ても感動する」「こちらこそですよ! セブさん!」「この瞬間はマジで涙出た」とコメントが寄せられ、2万3000件以上のいいねがつけられていた。

 35歳のベッテルはドライバーズチャンピオンを4度獲得した名手。鈴鹿ではレッドブル時代に過去4度優勝している。決勝は、スタート時から降り続いた雨で約2時間の中断。3時間規定により28周で終了し、9番手でスタートしたベッテルは、序盤にスピンがありながらも持ち直し6位でフィニッシュした。優勝はレッドブルのマックス・フェルスタッペンで今季12勝目を挙げ、2年連続の総合優勝を決めた。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集