[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

早田ひな、大熱戦に「日本の方の寿命縮ませた」 51年ぶり金かけた中国戦は「ワクワクドキドキを」【世界卓球】

世界卓球団体戦(テレビ東京系&BSテレ東で連日放送)は7日、中国・成都で女子準決勝が行われ、世界ランク2位の日本は同5位ドイツと対戦し、3-0のストレート勝ちで4大会連続となる決勝進出を決めた。8日に行われる頂上決戦の相手は世界ランク1位の中国。試合後、早田ひなは「日本の方の寿命を縮めるような試合をしてしまった」としながらも「明日は自分も楽しめる試合にしたい」と意気込みを示した。

ドイツに勝利し、笑顔でカメラにポーズをとる早田ひな、伊藤美誠、木原美悠(左から)【写真:浜田洋平】
ドイツに勝利し、笑顔でカメラにポーズをとる早田ひな、伊藤美誠、木原美悠(左から)【写真:浜田洋平】

世界卓球団体戦女子準決勝

 世界卓球団体戦(テレビ東京系&BSテレ東で連日放送)は7日、中国・成都で女子準決勝が行われ、世界ランク2位の日本は同5位ドイツと対戦し、3-0のストレート勝ちで4大会連続となる決勝進出を決めた。8日に行われる頂上決戦の相手は世界ランク1位の中国。試合後、早田ひなは「日本の方の寿命を縮めるような試合をしてしまった」としながらも「明日は自分も楽しめる試合にしたい」と意気込みを示した。


【注目】“くいこみ”問題やズレ、ムレ、モレの悩みを軽減! 大学生アスリート6人がCW-X「スポーツ専用ショーツ」を試してみました(W-ANS ACADEMYへ)

 前日のスロバキア戦勝利でメダルを確定させている日本は、早田、伊藤美誠、木原美悠の3人のオーダーをチョイス。第1試合でニーナ・ミッテルハムと対戦した早田は第1ゲームは9-11と落としたが、第2ゲームは1-3からの10連続得点で11-3で奪取。その後6-11、11-6と一進一退で迎えた最終第5ゲームは1-5とリードされながらも、終盤の6連続得点で大逆転し、11-8で勝利した。

 第2試合に出場した伊藤はドイツのエース、カットマンのハン・インを圧倒。守備から攻撃に転じてくる相手に対し、前後の揺さぶりとタイミングの早いスマッシュで対抗し、危なげなくストレート勝ちを収めた。

 第3試合、シャン・シャオナと対戦した木原は、ペンホルダーの前陣速攻型の相手に互角のスピードで打ち合った。2セット先取してから追いつかれる展開だったが、最終ゲームで競り勝った。

 試合後、早田は「最後はほとんど負けの状態から自分を信じて勝ち切れることができてよかった」と安堵。「ここまで苦しい試合もみんなあったと思うけど、ここの決勝に来るためにみんな目標を持って頑張ってきた。私はたくさんの日本中の方に心臓に悪い、寿命を縮ませる試合にしてしまった。明日は皆さんをわくわくどきどきしながら観てもらって楽しめる、自分も楽しめる試合にしたい」」と打倒中国への意気込みを示した。

 完勝だった伊藤は「チーム自体も私自身も少しずつよくなっている。中国選手なのでもっともっと挑戦者の気持ちでみんなで勝ちたい」と復調に手応え。大接戦を制した木原は「疲れました。気持ちの部分で凄く緊張して、ドキドキしていた」とホッとした様子を見せながらも、頂上決戦に向けては「挑戦者の気持ちで全力で勝ちに行きます」と語った。

(THE ANSWER編集部)


W-ANS


W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集