[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

日本女子、4大会連続メダル確定! 伊藤&早田Wエース揃い踏みで4強、強豪ドイツと激突

世界卓球団体戦(テレビ東京系&BSテレ東で連日放送)が6日、中国・成都で行われ、女子準々決勝に臨んだ世界ランク2位の日本は、同30位のスロバキアに3-0で勝利。グループリーグ(GL)でも快勝を収めた相手を再び下し、4大会連続のメダルを確定させた。51年ぶりの金メダルを目指す大会。7日の準決勝・ドイツ戦に勝利すれば銀メダル以上が確定する。

世界卓球、スロバキアに勝利した日本女子の長崎美柚、伊藤美誠、早田ひな(左から)【写真:Getty Images】
世界卓球、スロバキアに勝利した日本女子の長崎美柚、伊藤美誠、早田ひな(左から)【写真:Getty Images】

世界卓球団体戦準々決勝

 世界卓球団体戦(テレビ東京系&BSテレ東で連日放送)が6日、中国・成都で行われ、女子準々決勝に臨んだ世界ランキング2位の日本は、同30位のスロバキアに3-0で勝利。グループリーグ(GL)でも快勝を収めた相手を再び下し、4大会連続のメダルを確定させた。51年ぶりの金メダルを目指す大会。7日の準決勝・ドイツ戦に勝利すれば銀メダル以上が確定する。


【注目】“くいこみ”問題やズレ、ムレ、モレの悩みを軽減! 大学生アスリート6人がCW-X「スポーツ専用ショーツ」を試してみました(W-ANS ACADEMYへ)

 GL初戦で3-0の快勝を収めた相手との再戦。日本は伊藤美誠、早田ひな、長崎美柚の3人で臨んだ。第1試合に出場した伊藤はラボショバーと対戦。GLでも対戦した相手に第1ゲームは出だしから5連続得点で主導権を握り、11-9で先取。その後は隙を見せず11-1、11-3、とわずか18分で勝利、第3ゲームに至っては4分しかかからなかった。

 第2試合は早田が登場。バラージョバーと対戦した。第1ゲームはパワードライブに手こずるシーンもあり6-9と追い込まれたが、そこから5連続得点で逆転。11-9で先取すると第2ゲームは11-7、第3ゲームは7-11で奪われたが、立て直した第4ゲームは11-6で勝ち切った。

 第3試合、ククルコバー戦に臨んだのは長崎。GLでの対戦ではストレートで破っていたが、第1ゲームはミスが目立って6-11で落とした。第2ゲームは11-5で取り返すと、その後も圧倒して、日本を勝利に導いた。

 3位決定戦がないため、これでメダルが確定。7日に行われる世界ランキング5位・ドイツとの準決勝に勝てば4大会連続での銀メダル以上が確定する。

(THE ANSWER編集部)


W-ANS


W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集