[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

伊藤美誠「乗り越えるのが大切」木原美悠「怖かった」 初戦快勝、TVインタは笑顔満開

世界卓球団体戦(テレビ東京系&BSテレ東で連日放送)が30日、中国・成都で開幕し、女子グループリーグ初戦に臨んだ世界ランク2位の日本は、同30位のスロバキアに3-0で白星発進した。3大会連続銀メダルから51年ぶりの金メダルを目指す今大会。次戦は10月2日に同19位のポーランドと対戦する。

世界卓球女子団体、第2試合で勝利し笑顔でベンチに戻る伊藤美誠【写真:浜田洋平】
世界卓球女子団体、第2試合で勝利し笑顔でベンチに戻る伊藤美誠【写真:浜田洋平】

世界卓球団体戦が開幕

 世界卓球団体戦(テレビ東京系&BSテレ東で連日放送)が30日、中国・成都で開幕し、女子グループリーグ初戦に臨んだ世界ランク2位の日本は、同30位のスロバキアに3-0で白星発進した。3大会連続銀メダルから51年ぶりの金メダルを目指す今大会。次戦は10月2日に同19位のポーランドと対戦する。

 日本は初戦、木原美悠、伊藤美誠、長崎美柚の3人で臨んだ。第1試合に登場したのは18歳の木原。バラージョバーとの対戦は第1ゲームを9-11で落としたものの、第2ゲームを11-8で奪って挽回。第3ゲームを11-6、第4ゲームを11-6と連取し、世界卓球デビュー戦で勝利。笑顔を見せた。

 第2試合では伊藤がラボショバーと対戦。第1ゲームは4連続ポイントを奪われる立ち上がりとなったが、問題なく逆転して11-6で先取。第2ゲームを11-8で連取したが、第3ゲームは相手のサーブに苦しみ4-11で落とした。第4ゲームも接戦となったが、相手を空振りさせるほど変化するサーブでポイントを奪うなど12-10で勝利。東京五輪では金、銀、銅のメダル3つを獲得したエースが貫禄を見せつけた。

 初戦勝利をかけた第3試合、長崎がククルコバーと対戦。親友・木原との“ダブルみゆう”で期待される20歳も3-0で圧倒。日本の3-0の勝利が決まった。この日行われた男子の試合でも日本はイランに3-0で勝利しており、世界卓球の初戦は男女ともに白星発進となった。

 試合後のテレビインタビューには和気あいあいとした雰囲気で臨んだ3人。木原は大事な1試合目を任せられた心境を「ちょっと怖かった。緊張しました」と明かし、「3ゲーム目に(控えの)佐藤選手、早田選手にいつも通りの自分を出せばいいと言われて、『はい』と(笑)」と答えた。

 伊藤は相手選手のカウンターに苦戦したことを明かし「私攻めてるのにな、と思ったんですけど、こういう試合は予選の中でもあるので、乗り越えることが大切だと思った」と語った。長崎は「凄く贅沢をさせてもらっていると思っています。日本のトップ選手と一緒に団体戦を組めて、自分が締めたのが幸せ」と話した。質問に笑顔を咲かせ、終始明るい雰囲気で応じた。

 新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け、4年ぶりの開催となる世界最強国決定戦。日本は石川佳純、平野美宇が代表から外れ、平均年齢21歳の若いチームとなった。世界ランク6位のエース・伊藤は3大会連続の団体戦出場。日本人トップの同5位・早田もエース格に成長し、中国の5連覇阻止を狙う。

 男子32、女子28の国と地域がエントリー。30日からグループリーグ(男子7組、女子6組)が行われ、上位16チームが10月5日からの決勝トーナメントに進出する。対戦国とシングルス5試合(3勝先取)で勝敗を争い、各対戦3人が出場。3ゲーム先取で行われ、第1、2試合に出場した2選手はたすき掛けで第4、5試合にも出場する。

(THE ANSWER編集部)



ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集