[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平、ノーノー未遂の裏で衝撃の1球 154kmの急変化「こんなの打てない」と米戦慄

米大リーグのエンゼルス・大谷翔平投手は29日(日本時間30日)、本拠地アスレチックス戦に「3番・投手兼DH」で投打同時出場し、8回2死までノーヒットノーランの快投。8回2安打1四球無失点10奪三振で自己最多15勝目を挙げ、史上初の投打規定到達にあと1イニングに迫った。108球の熱投のなかでも衝撃を与えた1球を米投球分析家がクローズアップ。「こんなの打てないよ」「馬鹿げてる」と米ファンに戦慄が走った。

自己最多15勝目を挙げたエンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】
自己最多15勝目を挙げたエンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】

4回にマーフィーに投じた高速ツーシームが話題に

 米大リーグのエンゼルス・大谷翔平投手は29日(日本時間30日)、本拠地アスレチックス戦に「3番・投手兼DH」で投打同時出場し、8回2死までノーヒットノーランの快投。8回2安打1四球無失点10奪三振で自己最多15勝目を挙げ、史上初の投打規定到達にあと1イニングに迫った。108球の熱投のなかでも衝撃を与えた1球を米投球分析家がクローズアップ。「こんなの打てないよ」「馬鹿げてる」と米ファンに戦慄が走った。

 衝撃の1球だった。4回2死、右打者のマーフィーを追い込み、大谷が投じたのは96.3マイル(約154キロ)のツーシーム。現地ではシンカーとも表現される球種は、真ん中付近から急激に膝元に落ちながら食い込み、フルスイングした打者のバットはかすりもせず。空振り三振に斬って捨てた。

「ピッチングニンジャ」の愛称で知られる米投球分析家ロブ・フリードマン氏はこの1球をクローズアップし、「ショウヘイ・オオタニ、凄い96マイル(約154キロ)のシンカー」と動画付きで投稿。目の当たりにした米ファンから「打棒不可能だ」「こんなの打てないよ」「馬鹿げてる」「これは致命的だ」「なんてこった」「シンカー投げ始めてから打った打者いるのか?」と驚きの声が上がり、色濃くインパクトを残した。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
FitStats
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集