[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平、7回までノーヒット投球 米記者らジンクス意識、記録は「一言も口にしない」

米大リーグのエンゼルス・大谷翔平投手は29日(日本時間30日)、本拠地アスレチックス戦に「3番・投手兼DH」で投打同時出場。7回までノーヒット投球を演じ、米メディア関係者らも野球界特有の“願掛け”で記録達成を願っている。

7回までノーヒット投球を続けているエンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】
7回までノーヒット投球を続けているエンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】

本拠地アスレチックス戦で快投を続ける

 米大リーグのエンゼルス・大谷翔平投手は29日(日本時間30日)、本拠地アスレチックス戦に「3番・投手兼DH」で投打同時出場。7回までノーヒット投球を演じ、米メディア関係者らも野球界特有の“願掛け”で記録達成を願っている。

 初回先頭に四球を1つ出して以降は完全投球を継続し、ノーヒット投球を演じている大谷。米国でも多くのメディア関係者がツイッター上で反応している。

「ピッチングニンジャ」の愛称で知られる米投球分析家ロブ・フリードマン氏は6回終了直後に「ショウヘイ・オオタニ、エグい86マイルのスライダー・6回8奪三振。そして……」とつづり、指を口の前に立てた顔の絵文字を投稿した。米カリフォルニア州地元紙「オレンジカウンティ・レジスター」のエンゼルス番ジェフ・フレッチャー記者は「約束する。オオタニには一言も言わないよ」と記した。

 米地元ラジオ局「KLAA」の番組「スポーツ・ロッジ」でホストを務めるロジャー・ロッジ氏も「多分みんなオオタニを見た方がいいんじゃないかと思うよ。ただ呟いただけだよ……」とポツリ。野球界には記録を口にすると、途切れるというジンクスがある。それを意識してか、ノーヒットノーランを口にせず、記録への挑戦を見守っている。

(THE ANSWER編集部)



ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
FitStats
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集