[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

24歳小祝さくら、暫定首位なのにボヤキ会見「もう、こんな歳か」「傷の治りが遅く…」

同学年の原&勝が優勝している大会「いつかは私も…」

「何も考えていない」。そうは言いつつ、コースマネジメントには頭を悩ませていることも明かした。


【注目】CW-Xを川澄奈穂美選手がお試し 運動パフォーマンスを支える「股関節サポート機能」って?(W-ANS ACADEMYへ)

「特に9番(パー4)は、フェアウェーに打ったのにグリーンの手前に邪魔な木があったりして……」

 それでも、残り110ヤードからの第2打で高さ約17メートルの木を越えるショットを披露。ピン上5メートルからのバーディーパットは入らなかったが、「思い通りに打てたパットだったので」と言い、満足げな表情を見せた。

 今大会、小祝は過去4度出場で2020年大会の2位を除いて3度は予選落ち、相性は決して良くないが、20年に同学年の原英莉花、21年に勝みなみが優勝しており、「メジャーを獲るのはすごい。いつかは私も優勝したい」と思うようになったという。

 残り3日。小祝は勢いのある年下選手も意識しつつ、初メジャー制覇を目指す。

(THE ANSWER編集部)



1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
ABEMAプレミアリーグ
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集