[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

男子テニスで珍事 重要場面の“逆さま打ち”に観客怒り、海外実況も「何考えてる?」

25日にフランスで行われた男子テニスのモゼール・オープン決勝で、アレクサンダー・ブブリク(カザフスタン)がトリックショットで大ブーイングを浴びてしまった。自滅して失点した映像をATP公式中継サイト「テニスTV」が公開。海外ファンも呆れていたが、海外の実況席も「何を考えているんだ?」と困惑の様子であったことが伝えられている。

アレクサンダー・ブブリク【写真:ロイター】
アレクサンダー・ブブリク【写真:ロイター】

モゼール・オープン決勝で珍事

 25日にフランスで行われた男子テニスのモゼール・オープン決勝で、アレクサンダー・ブブリク(カザフスタン)がトリックショットで大ブーイングを浴びてしまった。自滅して失点した映像をATP公式中継サイト「テニスTV」が公開。海外ファンも呆れていたが、海外の実況席も「何を考えているんだ?」と困惑の様子であったことが伝えられている。

 決勝の大舞台で、まさかのショットを繰り出した。ロレンツォ・ソネゴとの決勝。第1セットを落とし、第2セットも1-3とリードを許す中で迎えたシーンだった。ブブリクが強烈なサーブを繰り出すと、ソネゴはラケットに当てるのが精一杯。山なりのボールがネット際に返ってきた。

 ここでブブリクは思わぬ行動に。ラケットを回して逆さまに持ち替え、なんとグリップ部分で返球したのだ。これをソネゴに返されてしまい、自身の返球はネットを越えずポトリ。観客から大ブーイングを浴びてしまったが、ブブリクは笑っていた。

 ATP公式中継サイト「テニスTV」公式ツイッターは動画を公開。唖然とした様子の海外ファンから「冗談だろ」「信じられない」などと書き込まれていたが、ロシア放送局「ロシアトゥデー」は「試合中にふざけたロシア生まれの選手が観客を怒らせる」との見出しで記事を掲載。このシーンを伝えた。

 同局は「ブブリクが観客からブーイングを受けた。決勝でトリックショットを見せようとしたのだ。1-3で迎えた第2セット、ブブリクは簡単にポイントを取ろうとしなかった。ラケットの向きを変えて、グリップで打ち返した」と記した。

 さらに、海外の実況席から「アレクサンダー・ブブリクは何を考えているんだ?」「ブーイングが起きても仕方ないですね」と言及されたことも紹介。一方のソネゴは非難することなく「彼は素晴らしサーブの持ち主」「最高の才能」と称えていたとも伝えられている。試合はソネゴが7-6、6-2のストレート勝ちで優勝した。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集