[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平、14勝目&200奪三振翌日の快打に地元実況席も絶叫「またしてもやってのけた」

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は24日(日本時間25日)の敵地ツインズ戦に「3番・DH」で先発出場。前日には大雨の中、14勝目&200奪三振を達成したばかりだが、3回の第2打席で10試合連続安打となる中前2点適時打を放った。メジャー通算132勝のエンゼルスOBは「登板翌日なのにどうしたらやってのけられるのか! ワオ!」と絶叫している。

ツインズ戦、3回に中前2点適時打を放ったエンゼルスの大谷翔平【写真:Getty Images】
ツインズ戦、3回に中前2点適時打を放ったエンゼルスの大谷翔平【写真:Getty Images】

敵地ツインズ戦に「3番・DH」で先発出場

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は24日(日本時間25日)の敵地ツインズ戦に「3番・DH」で先発出場。前日には大雨の中、14勝目&200奪三振を達成したばかりだが、3回の第2打席で10試合連続安打となる中前2点適時打を放った。メジャー通算132勝のエンゼルスOBは「登板翌日なのにどうしたらやってのけられるのか! ワオ!」と絶叫している。

 勝負強さが光った。1-3で追いかける展開となった3回、1死二、三塁のチャンスで、ツインズの今季開幕投手を務めた右腕ジョー・ライアンの5球目をうまく弾き返し、“大谷シフト”の間を抜いて中前に運んだ。

 米ロサンゼルスの地元中継局「バリー・スポーツ・ウェスト」の実況マット・バスガーシアン氏は「高めの速球でしたが、ヒットです。1点返して、もう1点。3点目で同点です」とまくし立てた。今季92打点目となったが、解説を務めるマーク・グビザ氏は「登板翌日なのに、またしてもどうしたらやってのけられるのか! ワオ!」と実況に語りかけながら、大興奮していた。

 打球速度101.3マイル(約163キロ)の一撃に実況席も興奮していた。

(THE ANSWER編集部)



ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集