[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ベース踏まずに一時セーフになる珍事 米皮肉「ベースが大きくなるのは来季からだよ」

米大リーグのレッドソックスは14日(日本時間15日)、本拠地ヤンキース戦で3-5の敗戦を喫した。打者走者が一塁を踏んでいないにも関わらず、一時セーフの判定となる珍事が発生。米メディアが動画を公開すると、米ファンから「笑った」「ベースが大きくなるのは来季からだよ」と反響が寄せられた。

レッドソックスのJ.D.マルティネス【写真:Getty Images】
レッドソックスのJ.D.マルティネス【写真:Getty Images】

併殺崩れを狙ったJ.D.マルティネスの走塁ミスとは

 米大リーグのレッドソックスは14日(日本時間15日)、本拠地ヤンキース戦で3-5の敗戦を喫した。打者走者が一塁を踏んでいないにも関わらず、一時セーフの判定となる珍事が発生。米メディアが動画を公開すると、米ファンから「笑った」「ベースが大きくなるのは来季からだよ」と反響が寄せられた。

【特集】夫婦で掴んだ2度のパラリンピック出場 楽しむ柔道から学んだこと / 視覚障がい者柔道・廣瀬順子選手インタビュー(GROWINGへ)

 歩幅が合わなかったのか、まさかの凡ミスだった。2-4の8回一死満塁の好機。レッドソックスのJ.D.マルティネスが遊ゴロを放つと、6-4-3の併殺を狙った敵守備陣。一塁はセーフとなり、レッドソックスは1点を追加した。しかし、ヤンキースベンチはチャレンジを要求。マルティネスは一塁を踏まずに駆け抜けていたのだ。スローで見ても、つま先がわずかに届いていない。

 判定は覆り、レッドソックスのチャンスは消滅した。米メディア「ジョムボーイ・メディア」のポッドキャスト番組「トーキン・ヤンクス」公式ツイッターが動画を公開。米ファンからは打者走者のミスに「ベースが大きくなるのは来季だよ」とルール改正に触れた皮肉が寄せられたほか、「何かを忘れたね」「幸運を超えた何か」「神様ありがとう」「ラッキー」「笑った」と笑撃を受けた様子のコメントが集まった。

 米スポーツ専門局「ESPN」のマーリー・リベラ記者は、ヤンキースのアーロン・ブーン監督の談話をツイッターで紹介。ブーン監督はマルティネスの走塁ミスには気付いておらず、カルロス・メンドーサコーチがチャレンジすべきと進言したと伝えている。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集