[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平、新球シンカー開発を213勝殿堂入り右腕が称賛「専業投手でも難しい」「規格外だ」

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は7日(日本時間8日)、タイガース戦に「3番・DH」で先発出場。3-3と同点の7回に勝ち越しの33号ソロを放ったもののチームは4-5で逆転負けした。今季も二刀流で躍動する大谷について、現役時代にブレーブスなどで活躍し通算213勝を挙げ、殿堂入りも果たしている名右腕ジョン・スモルツ氏は「球界最高の投手になれる」などと将来に太鼓判を押している。

エンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】
エンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】

大谷をジョン・スモルツ氏が絶賛

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は7日(日本時間8日)、タイガース戦に「3番・DH」で先発出場。3-3と同点の7回に勝ち越しの33号ソロを放ったもののチームは4-5で逆転負けした。今季も二刀流で躍動する大谷について、現役時代にブレーブスなどで活躍し通算213勝を挙げ、殿堂入りも果たしている名右腕ジョン・スモルツ氏は「球界最高の投手になれる」などと将来に太鼓判を押している。

 米国では2年連続MVPの声も上がる中、殿堂入り投手が大谷を絶賛した。スモルツ氏は、米スポーツ専門局「FOXスポーツ」のポッドキャスト番組「フリッピン・バッツ・ポッドキャスト」に出演。同番組公式ツイッターが公開した動画内で、ホストのベン・バーランダー氏から大谷の新球種「シンカー」について、シーズン中に開発するのがどれほど難しいのか聞かれると、このように答えた。

「専業投手でも非常に難しい。でも彼は投打両方やっている。彼は野球界最高の投手の一人だと思う。二刀流で考えれば最高の選手であることは分かっている。彼は投手としてとても才能豊かだよ。チームにプレーオフ進出の可能性がほぼ無い場合は、キャリアのために新球種を試すことは少しだけ簡単になる。いずれにせよ、彼が(投打で)やっていることの最中に新球種を導入するのは規格外だ」

 エンゼルスのチーム状況を考慮しつつ、大谷の新球種導入が「規格外」だと話したスモルツ氏。「オオタニの大ファン」であることも明かし、「彼は球界最高の投手になれると主張するよ」と投手としてリーグの頂点に立てる可能性を指摘。そのうえで二刀流の将来に太鼓判を押した。

「でも彼は投げるだけではない。それが彼を少しだけ後退させるようなところはある。そうだとしても(投手として)トップ5の選手だと言えないほどではないんだ。事実として、彼は中6日で登板し、あとの5日は打っている。彼は歴史を書き換えているんだ。彼のキャリアがどんなものになるのか見るのが楽しみだよ」

 スモルツ氏は最多勝2度、最多セーブ1度と先発、救援の両方で活躍。通算213勝、154セーブを記録し、サイ・ヤング賞も1996年に受賞した名投手。2015年に米野球殿堂入りも果たした。同氏は以前から“投手・大谷”を高く評価しており、昨年には「腕の状態が万全であり、もし投手に専念した場合、彼はデグロムになれる」と素質を絶賛。今季の活躍にも注目しているようだ。

(THE ANSWER編集部)

DAZNで好きなスポーツ、好きなだけ。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集