[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

男子バレー日本、強豪相手に炸裂の鋭角クロスに海外驚き「ニシダのクレイジーな跳躍」

先月30日にスロベニアで行われたバレーボールの男子世界選手権で、日本は1次リーグB組最終戦のキューバ戦に3-1で勝利。通算2勝1敗で同組2位となり、16チームによる決勝進出を決めた。スイスメディアが注目したのは、この試合で19得点をマークした西田有志(ジェイテクト)。第3セットに叩き込んだ強烈なスパイクに、海外ファンも「なんてスマッシュ」「クレイジーなジャンプ」と驚いている。

西田有志の強烈なスパイクに海外ファンも驚き(撮影は2021年)【写真:Getty Images】
西田有志の強烈なスパイクに海外ファンも驚き(撮影は2021年)【写真:Getty Images】

世界選手権、日本は決勝トーナメント進出

 先月30日にスロベニアで行われたバレーボールの男子世界選手権で、日本は1次リーグB組最終戦のキューバ戦に3-1で勝利。通算2勝1敗で同組2位となり、16チームによる決勝進出を決めた。スイスメディアが注目したのは、この試合で19得点をマークした西田有志(ジェイテクト)。第3セットに叩き込んだ強烈なスパイクに、海外ファンも「なんてスマッシュ」「クレイジーなジャンプ」と驚いている。

【特集】夫婦で掴んだ2度のパラリンピック出場 楽しむ柔道から学んだこと / 視覚障がい者柔道・廣瀬順子選手インタビュー(GROWINGへ)

 互いに1セットずつを取って迎えた第3セット。綺麗にあがったトスを西田が鋭くクロスに打ちぬいた。高い跳躍から、ボールを左腕で思い切り叩く。相手は触れることもできず、心地良い音とともに床に着弾。日の丸も掲げられた場内からは歓声が上がり、西田もガッツポーズ。海外実況席からは「何てスイングだ」との声も漏れた。

 実際の映像をスイスのバレーボール専門メディア「バレーボール・ワールド」公式インスタグラムが公開。「ニシダによるスーパースパイク! 日本が大事なキューバ戦に3-1で勝利」と伝えた。海外ファンからは「ニシダ!!」「ニシダのクレイジーなジャンプ」「ニシダが1番」「なんというスマッシュ」「エクセレント」などとコメントが集まっていた。

 西田が19得点、主将の石川祐希が11得点を記録した日本はキューバに3-1で勝利。9月5日(日本時間6日)の決勝トーナメント1回戦では東京五輪で金メダルを獲得したフランスと対戦する。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集