[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

162キロのフォーク?いや“スプリンカー”だ 24歳の新魔球に米唖然「人間業じゃない」

米大リーグで驚愕の新魔球が誕生した。ツインズの24歳右腕ジョアン・デュランが29日(日本時間30日)の敵地レッドソックス戦で「スプリンカー」なる変化球を披露。投球分析家が紹介し、米ファンからは「何だこれは」「どうやって打てばいいんだ」といった驚きの声が上がっている。

ツインズのジョアン・デュラン【写真:ロイター】
ツインズのジョアン・デュラン【写真:ロイター】

ツインズ右腕ジョアン・デュランがレッドソックス戦で投じた一球

 米大リーグで驚愕の新魔球が誕生した。ツインズの24歳右腕ジョアン・デュランが29日(日本時間30日)の敵地レッドソックス戦で「スプリンカー」なる変化球を披露。投球分析家が紹介し、米ファンからは「何だこれは」「どうやって打てばいいんだ」といった驚きの声が上がっている。


【注目】女子アスリートの課題を1日で学ぶオンラインイベント開催! 豪華メンバー登壇、男性指導者も歓迎…どなたでも無料で参加できるウェビナーの詳細はこちらから

 もはや異次元ともいえる曲がり方だった。ツインズが2点リードの7回2死走者なし、カウント0-2からデュランが投じた101マイル(約162.5キロ)のボールは、左打者ラファエル・デバースのインコースをえぐりながら、鋭く落ちた。デバースは予測不能の変化に思わず左足を引き、捕手も何とかキャッチしたほどの“魔球”だった。

「ピッチングニンジャ」の愛称で知られる米投球分析家ロブ・フリードマン氏がツイッターで動画を公開。「ジョアン・デュラン、101マイルのスプリンカー」と“新魔球”を「スプリンカー」と称して紹介した。MLB公式サイトでは「100.8マイルのスプリット」と記録されている。

 米ファンからは「キャッチャーも『マジかよ』って感じだな(笑)」「これは惨い。どうやって打てばいいんだ?」「魔術だ」「これは人間業じゃない」「一体何だこれは」「デュランには物理が当てはまらないのか」など驚きの声が寄せられている。

(THE ANSWER編集部)

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
ABEMAMLB
Lemino
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集