[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平、米識者が「移籍しても驚きはない」と語るナ中地区の球団「エ軍の5年より…」

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は28日(日本時間29日)、敵地ブルージェイズ戦に「3番・DH」で先発出場。7回の第4打席で10試合ぶりの28号2ランを放つなど、4打数3安打2打点1四球と猛打賞を記録した。8-3の勝利に貢献した大谷は、2023年シーズン終了後にフリーエージェントとなるために去就に注目が集まるが、現地の名物コラムニストは「トレードされたとしても驚きはない」と、新天地候補にカブスの名前を挙げている。

現地報道でカブスも移籍先候補に挙がった大谷翔平【写真:ロイター】
現地報道でカブスも移籍先候補に挙がった大谷翔平【写真:ロイター】

球団売却の検討により大谷の去就も注目の的に

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は28日(日本時間29日)、敵地ブルージェイズ戦に「3番・DH」で先発出場。7回の第4打席で10試合ぶりの28号2ランを放つなど、4打数3安打2打点1四球と猛打賞を記録した。8-3の勝利に貢献した大谷は、2023年シーズン終了後にフリーエージェントとなるために去就に注目が集まるが、現地の名物コラムニストは「トレードされたとしても驚きはない」と、新天地候補にカブスの名前を挙げている。

【特集】夫婦で掴んだ2度のパラリンピック出場 楽しむ柔道から学んだこと / 視覚障がい者柔道・廣瀬順子選手インタビュー(GROWINGへ)

 エンゼルスオーナーのアート・モレノ氏が球団売却を検討していることが明らかになり、再び注目が集まっている大谷の去就問題。米ラジオ局「670 The Score」の番組「パーキンス&シュピーゲルショー」に名物コラムニストのジョン・モロシ氏が登場した。

 メジャー移籍時に、MLB各球団は大谷争奪戦を展開したが、現在MLB相談役のテオ・エプスタイン氏が球団副社長を務めた当時のカブスは「素晴らしい売込みをまとめあげた」とモロシ氏は再評価。「私の知る限り、カブスはショウヘイ陣営に印象的だった」とし、カブスの大谷争奪戦の格付けの高さを主張している。

「なので、ショウヘイがカブスにトレードされたとしても、私に驚きはない。状況を見れば、個人的にはカブスに移籍せざるを得ない時だ。彼らは良いチームになっている。ここ数か月ですでにかなり強くなっている」とモロシ氏は鈴木誠也外野手のチームメートとして名門に加わる可能性を指摘している。

 カブスとプレーオフ進出を争うナ・リーグ中地区の今後の勢力図に注目したモロシ氏。守護神ジョシュ・ヘイダーをパドレスにトレードで放出するなど、サイクルから抜け出せないブルワーズ、世代交代に直面しているカージナルスの状況も手伝い、「エンゼルスの今後5年間よりもカブスの5年の方が有望に見える」とモロシ氏は分析している。

 モロシ氏は大谷をトレードで獲得するために、カブスはマイナーのトップ級の有望株3、4人に加えて、27歳の先発左腕ジャスティン・スティールも放出する必要があると予想していた。

(THE ANSWER編集部)



ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集