[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「努力は報われると証明したい」 腰に左手首も…痛みを乗り越えた稲見萌寧の意地のV2

女子ゴルフの国内ツアー・ニトリレディスは28日、北海道・小樽CC(6655ヤード、パー72)で最終日が行われ、首位と2打差の2位で出た稲見萌寧(Rakuten)が3バーディー、1ボギーの70で回り、通算9アンダーとして逆転で大会連覇を果たした。6月以来約3か月ぶりのツアー通算12勝目。腰や左手首痛など満身創痍の状態を乗り越えた意地の栄冠だった。

ニトリレディス最終日、優勝を決めた稲見萌寧は笑顔でキャディーと握手した【写真:Getty Images】
ニトリレディス最終日、優勝を決めた稲見萌寧は笑顔でキャディーと握手した【写真:Getty Images】

ニトリレディス最終日

 女子ゴルフの国内ツアー・ニトリレディスは28日、北海道・小樽CC(6655ヤード、パー72)で最終日が行われ、首位と2打差の2位で出た稲見萌寧(Rakuten)が3バーディー、1ボギーの70で回り、通算9アンダーとして逆転で大会連覇を果たした。6月以来約3か月ぶりのツアー通算12勝目。腰や左手首痛など満身創痍の状態を乗り越えた意地の栄冠だった。

【注目】パリを目指す才藤歩夢の想い 『チアスタ!』で受けたギフティングは近代五種の普及活動へ

 稲見は前半3番でボギーを叩いたが、6、9番でバーディーを奪って後半に突入。13番でもスコアを伸ばし、同じ最終組の山下美夢有と首位に並んだ。山下が16番で1つ落としたのを尻目に、最終18番までパーセーブ。ウィニングパットを沈めると両手を高々と上げてキャディーとハイタッチし、優勝の味を噛みしめた。

 出場選手の多くが口を揃える難コースを見事攻略。「私自身、連覇というのが初めて。そこがめちゃくちゃうれしい。ショットもパットも良くないと上位には来られない大会。ディフェンディングチャンピオンとか、出場100試合目とか、そういう記念の大会で勝てたのはうれしいです」と表情をほころばせた。

 苦境を乗り越えた優勝だった。今大会前までのトップ10数はツアー1位の14回。しかし、破竹の勢いで勝ち続けた昨季とは違い、6月初めの1勝にとどまっていた。優勝スピーチでは「今年になって調子が上がらない中で、自分の中でもすごくもがいたりして、練習と努力は報われることを証明したいと練習を必死に頑張ってきて、それがこの大会で成果が出て本当に良かったと思う」と、開幕からの6か月について実感を込めて話した。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集