[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

F1参戦アウディ、迫力の新マシンに海外歓喜「イケてる車だ」「垂涎のデザインだわ」

ドイツの自動車メーカー・アウディが26日、2026年から自動車レースのF1に参戦することを発表した。F1公式は、早くもマシンの画像を公開。海外ファンからは「イケてる」「ワクワクする」「これは熱い」と歓喜の声が上がっている。

ドイツの自動車メーカー・アウディが2026年から自動車レースのF1に参戦することを発表した【写真:ロイター】
ドイツの自動車メーカー・アウディが2026年から自動車レースのF1に参戦することを発表した【写真:ロイター】

アウディのF1マシンとは

【注目】東京から未来へ繋ぐレガシー 視覚障がい者柔道選手が伝えたいこと / 視覚障がい者柔道・廣瀬順子選手インタビュー(GROWINGへ)

 ドイツの自動車メーカー・アウディが26日、2026年から自動車レースのF1に参戦することを発表した。F1公式は、早くもマシンの画像を公開。海外ファンからは「イケてる」「ワクワクする」「これは熱い」と歓喜の声が上がっている。

 パワーユニット(PU)サプライヤーとしてF1への参戦を発表したアウディが、オレンジと黒を基調とした迫力あるマシンを披露。先端や側面には、お馴染みの4つの輪が並ぶロゴが描かれている。側面はシルバーと黒の模様が入ったデザインだ。

 マシン画像をF1公式ツイッターが公開。文面に「グリッドへようこそ、アウディ……シャープだね」と記した。あくまでエンジンサプライヤーとしての参戦だが、海外ファンからは「これは熱い」「イケてる車だ」「ワクワクする」「垂涎のデザインだわ」とコメントが寄せられた。一方、毎年のようにマシンの規則が変わることもあり、「まだ2022年だぞ」「あと4年は参戦しないのに。規則は完全に変わっているぞ」と気の早さにツッコミも入っていた。

 F1公式サイトはアウディのマルクス・ドゥスマン取締役会会長のコメントを紹介。「モータースポーツはアウディのDNAにとって不可欠な部分。F1は我々のブランドにとって国際的な舞台で、極めて挑戦的な開発研究の場でもある。高いパフォーマンスと競争の組み合わせは、我々の業界において常に革新と技術移転の原動力だ」と語った。

 参戦時期の決断理由については「新たな規則により、今が参戦の適切なタイミング」と説明。「とにかく、F1とアウディはともに明確なサステナビティの目標を追及している」と説明した。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集