[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

浦和、ACL決勝の扉をこじ開けた“魂のボール奪取”に興奮の声「119分の動きじゃない」

サッカーのAFCチャンピオンズリーグ(ACL)は25日、埼玉スタジアム2002で準決勝の浦和―全北現代(韓国)戦が行われ、浦和がPK戦の末に勝利して3年ぶり4度目の決勝進出を決めた。1-1で突入した延長戦で勝ち越しゴールを奪われるものの、後半15分にFWキャスパー・ユンカーが同点弾。PK戦ではGK西川周作の活躍も光ったが、SNS上のファンからは同点弾に繋がった“魂のボール奪取”に「119分のプレーじゃない」「未だ世界レベル」と興奮の声が上がっている。

ACL準決勝で勝利に貢献した浦和レッズの酒井宏樹【写真:Getty Images】
ACL準決勝で勝利に貢献した浦和レッズの酒井宏樹【写真:Getty Images】

浦和が全北現代にPK戦の末に勝利

 サッカーのAFCチャンピオンズリーグ(ACL)は25日、埼玉スタジアム2002で準決勝の浦和―全北現代(韓国)戦が行われ、浦和がPK戦の末に勝利して3年ぶり4度目の決勝進出を決めた。1-1で突入した延長戦で勝ち越しゴールを奪われるものの、後半15分にFWキャスパー・ユンカーが同点弾。PK戦ではGK西川周作の活躍も光ったが、SNS上のファンからは同点弾に繋がった“魂のボール奪取”に「119分のプレーじゃない」「未だ世界レベル」と興奮の声が上がっている。

【注目】パリを目指す才藤歩夢の想い 『チアスタ!』で受けたギフティングは近代五種の普及活動へ

 開始から119分。疲労の溜まった時間帯でも足を止めなかった。PK献上から1点をリードされて迎えた延長後半終了間際。同点ゴールはDF酒井宏樹のスライディングタックルから生まれた。相手の体を浮かせるほど強烈に当たってボールを奪取。味方に預けてそのまま駆け上がると、ペナルティエリア内で滑り込んでクロスも上げた。その後、座り込んで動けなくなったが、これをきっかけに同点ゴールが生まれた。

 フル出場し、最後に気合のボール奪取を披露した酒井。ツイッター上では同点弾のユンカー、PK戦で活躍した西川とともに名前を挙げるJリーグファンが続出。「酒井宏樹のタックルが浦和を救ったな」「酒井のタックルえぐすぎ」「世界の酒井だろあのスライディング」「酒井のタックル完璧やな」「魂のスライディングタックルって感じでアツいわ」「惚れそうになった」「酒井最高!」「119分のプレーじゃない」「未だ世界レベル」などと興奮の声が書き込まれていた。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集